株より高い不労所得を狙え!年利回り10%以上を狙う方法を教えます

LINEで送る
Pocket

ごぶさたしております。

日経平均も絶好調。株式投資.jpにアクセスする方は今も多い状態が続いており、数多くの方に支えられていることに深く感謝しております。

 

さて、今回は不労所得についてです。

 

私は基本的に投資というものは長期で行うべきという考えを抱いており、長期で投資を行って不労所得を確保するのが投資の本質だと思っています。

短期間に稼ぐのは「投機」ですからね。

そして株というものも、突き詰めて言えばお金がほしいからみんな株をやるんですよ。

ただ、日経平均は明らかにバブルです。

 

私はまた日経平均株価が暴落すると思っており、今から長期投資を行うのは大変危険だと思っています。

 

 

 


株は値下がりリスクがとても大きいですからね。

株も確かにいい。株は確かに素晴らしい。

 

でも、株だけに頼ってちゃダメなんですよ。

株は結局水物です。ISISが暴れたり、北朝鮮がミサイルを撃ちまくるチキンレースをしているだけで株価に大きな影響を与えますし、トレンド性があまりにも強すぎて、「安心して安定して稼ぐ」という意味では向いていないのはデメリットです。

ハイリスク・ハイリターンの投資なんですよね。株って。

 

大切なのはリスクも分散しつつ、高いリターンを狙うこと。

 

そんな投資があるのでしょうか?

 

【時代はミドルリスク・ミドルリターンか?】

 

結論から言いますが、私が最近良いなと感じているのが投資型クラウドファンディングなんですよ。

最近流行っていますよね。投資型クラウドファンディング。

 

投資型クラウドファンディングは非常に素晴らしい投資手段だと私は思っています。何しろ株にはない魅力があるという点が大きく、

それが、

1.1万円という小資本で投資できる

2.海外に分散投資することができる

3.不労所得で期待利回りが10%以上狙える

4.しかも超簡単

 

このメリットを全て実現するのが新しい投資の投資型クラウドファンディングなんですよね。

特に様々な分析調査の結果から、クラウドクレジットが良いと結論が出ました。

あなたのために、1つ1つ丁寧に解説させていただきます。

 

【1万円から投資できるのが魅力】

正直いって、この世の中って別にお金持ちばかりじゃないんですよ。

そりゃあ株式投資.jpのようなサイトに来ているような方は富裕層が多く、あなたも含めてリテラシーも高い。

投資知識に興味がある大変素晴らしい方ばかりなのですが、世の中はそればかりじゃないんです。

自民党の安倍政権は経済力の強化ということで投資の活発を政策として推し進めていますが、非常に良いことだと思います。

 

結局、株のデメリットってある程度まとまったお金がないと始められないことなんですよね。例えば任天堂が好きだから任天堂の株を買うとしても、現在の株価だと330万円は必要ですからね。

 

ミニ株とか特別な方法で1株だけ買ったとしても、3万3000円は必要。

つまり、株は資金という意味でハードルが高いのが現実なんですよ。

でも、クラウドクレジットは違います。

 

投資型クラウドファンディングの1つであるクラウドクレジットは、1万円から投資できるのが魅力です。

これは誇張表現でも何でもなく、本当に1万円から投資することができちゃうのです。

でも、賢いあなたはこのような疑問を抱いたと思います。

 

「1万円から投資できるのは良いけど、本当に儲かるのか?」と。

 

結論を言ってしまうと、投資には絶対はないですが、少なくとも株よりリスクが低いということは断言できますね。

 

 

【リスクを減らしたければ海外を狙え!!】

株のリスクが高い理由をご存知でしょうか?

 

答えは簡単。

「元本割れ」があるからなんですよね。

株がハイリスク・ハイリターン商品なのは、常に株価が値動きして資産変動が大きいからなんですよ。

逆に言えば株価が上がれば儲かりますが、株価が下がれば大損します。だから株式投資で安定を狙うのはやめたほうが良いですね。

そもそも安定している金融商品ではありませんから。

 

クラウドクレジットはどうなのか?

 

ここがミソなのですが、分散投資すればリスクは軽減することができるんですよ。

「1つのカゴの中に卵をたくさん入れるな」という名言があるとおり、安定して不労所得を確保して稼ぎたければ分散投資が必須です。

 

この分散投資というのもまた曲者で、そもそも「分散投資するほどの資金がない!!」という人も多いのがデメリットです。

でも、クラウドクレジットだったら1万円から投資することができますし、投資資金の敷居の低さがあるから簡単に分散投資することができるんですね。

 

それに株といっても日本の国内株に投資している人がほとんどだと思いますが、理想を言えば海外にも資産を分散した方がいいです。

 

理由は簡単。東関東大震災のような大災害が起きると日経平均株価は暴落しますが、海外に資産を持っていればリスクを分散することができるからです。

結果的に自分の資産を守ることに繋がるんですよね。

 

それもクラウドクレジットだったら簡単に行うことができます。

実はクラウドクレジットは海外特化型の投資型クラウドファンディングで、「海外投資が簡単にできる」というのがウリなんですね。

そのため、国特有のカントリーリスクを分散することができますし、様々な国に投資することができるから安定するという理論でございます。


株も確かに海外投資をすることができるのですが、そのハードルは非常に高い!!!!

でも、クラウドクレジットであれば簡単に投資することができるのでさすが新時代の投資だなぁと実感しました。

 

【クラウドクレジットは期待利回りが高い】

3.不労所得で期待利回りが10%以上狙える

 

株に詳しい方ほど、この言葉を見て「本当かよ?」と思います。

 

なぜならば株だと配当利回りが10%以上を超えている株はほとんどないからです。

国内株だと皆無と言っても過言ではありませんね。

 

世界を見渡してみましょう。

 

今熱い投資型クラウドファンディングであるクラウドクレジットは海外投資が簡単にできることが魅力なのですが、世界を見ると非常に利息が高い国が多いことに気づきます。

クラウドクレジットは国内最高峰の高い期待利回りを提供しているのが魅力なのですが、実際にクラウドクレジットのサイトを覗くと期待利回りが10%超えの金融商品がゴロゴロと転がっていますからね。

 

配当利回りがせいぜい3%しかない日本の国内株と比べると偉い違いです……。

 

売却益のリターンを狙うなら株式投資。

不労所得という意味での高いリターンを狙うならクラウドクレジットという形で良いんじゃないんですかね。

 

日本の国内株で配当金狙いの投資は色んな意味で非効率すぎると感じます。

 

【投資するのも簡単だし、口座を開設するのも簡単】

 

このように、新しい投資であるクラウドクレジットを簡単にまとめると、

・高い不労所得を狙うことができる

・株価のように値動きがしないから、元本割れのリスクがない

・様々な海外(欧州やアフリカ、ラテンアメリカなど)に投資することができるから分散投資が可能

 

このような特徴がありますね。

ちなみに、口座開設費用も維持費用も完全に無料なんですよ。



国内クラウドファンディングでも最高峰級!口座開設拡大施策【クラウドクレジット】




クラウドクレジットは↑のリンクから簡単に口座を開設することができますが、維持費用が一切かからないのは嬉しいですよね。

あと、大切なのは信ぴょう性です。

 

いきなりクラウドクレジットとか投資型クラウドファンディングとか言われても、本当に信頼できるのか不安ですよね?

 

大丈夫です。

 

実はクラウドクレジット株式会社はとある大手企業からも認められているんですよ。

 

その大手企業の名前は、総合商社の伊藤忠商事。

あの伊藤忠商事がクラウドクレジット株式会社の株主になっており、信頼性は非常に高いと判断しております。

新しい投資というときな臭いことが多いのですが、東証一部に上場している大手の伊藤忠商事が株主というのは安心して投資できる材料になりますね。

 

簡単にまとめると、

「株の配当金より高い不労所得を得たいと狙っている人に適しているのがクラウドクレジット」という情報でございました!!!!

 

これからも投資家の方に有益な情報が提供できるように頑張ります!


スポンサードリンク