なぜ100株ホルダーが馬鹿にされる風調が存在するのか

LINEで送る
Pocket

株式投資の世界は少し不思議で、投資資金が多い人ほど尊敬される傾向が強いです。


出典 www.flickr.com

「100万円以下は投資ではない」と断言する人もいらっしゃるのですが、私はそれは違うと考えています。1000万円投資しようが1万円投資しようが株を持っている段階で相場師であり、最小単元で株を購入している人をバカにするつもりは全くございません。

 

むしろ、信用全力でギャンブルする人より全然良いと思っているよ。

 

別に100株だけ保有しようが100万株保有しようが、「相場の世界に参加している」という事実は覆すことはできません。そりゃあ私だって投資資金が多い人は素直に凄いと思いますが、だからといって少額資金を利用して株を購入している人がダメだとは全く思っていません。

 

むしろ無理のない範囲で投資を続けているのは尊敬の対象になります。

 

そもそも投資スタイルは人によって異なり、人それぞれ生活に事情があるので投資金額が多かろうが少なかろうがそれは大した問題ではないと考えています。

子育てをされている方は子供に教育資金を注がなくてはいけないため、少額資金を活用して100株だけ株を買っている人もいらっしゃるでしょう。

 

非常に立派なことだと思っています。

 

むしろ危険だと思うのが「自分の度の超えた投資」をしている人です。

 

例えば消費者金融でお金を借りて1銘柄に全力投資している人はかなりリスキーな投資をしていると考えています。別にそれはそれで良いのですが、「小さな資金を活用してこつこつと株式投資を行う人」が哀れだとは全く思っていません。

 

なんで株式投資の世界って100株だけの投資だと馬鹿にされる風調があるんですかね……。

 

100円だろうが100万円だろうが、1円でも儲けた時点で私は勝ちだと思っています。

 

大切なのは1円でも良いから利益を出すことであり、しっかり利益を出している投資家を私は本気で尊敬します。投資資金の額は関係ありません。むしろ少ない投資資金を活用してこつこつ儲けている人は投資スキルが高いと思っています。

 

そんな私は現在400万円程度の資金を活用して株式投資を行っていますが、これもお金持ちの人から見たらゴミのような金額に映るかもしれません。しかしながら私は10万円を大金だと考えている人間です。

 

いや、1万円でも大金だと思っています。

 

1万円をこつこつと積立して株数を増やす戦略を取っている人は凄く尊敬します。継続は力なりという言葉がある通り、現在の投資資金が少なくても将来的に資産を増やすために「無理のない範囲で投資を続ける」のはとても重要だと思っています。

 

誰もが最初からお金持ちであるとは限りませんから。

 

それに投資金額が少ないというのはある意味最強の武器だと思っています。

 

なぜなら投資している金額自体が少なければ「多額の損失を出すことがない」ので、メンタルがやられる可能性がとても低いからです。株は余裕資金で購入するのが重要であると世間では言われていますが、この言葉は本当に正しいと思っています。

 

自分の度量を超えたお金を投資すると不安になって仕方ないですから。

 

私は投資資金が多い人も、投資資金が少ない人も「相場の世界に参加している」というだけで凄いと思っています。

 

100株ホルダーが馬鹿にされる風調は確かに存在しますが、とても残念ですね。

 

保有数が100株であっても株を保有している時点で立派な「投資家」です。そもそも投資する金額は本人の自由なのですから。

 


スポンサードリンク