株式投資を始める理由

LINEで送る
Pocket

株式投資を長く続けたければ、株式投資を始める理由を明確にしなければいけません。

人によって株を始める理由は異なりますが、多くの場合「今より収入を増やしたいから株式投資を始める」という理由にたどり着くのではないでしょうか。極端な話、株式投資を始めなくても十分な余裕がある人は株を買わなくても良いのです。

収入を増やしたいから株を買うという行為は決して間違いではありません。


また、将来の不安を解消するために株を買う人もいるでしょう。

どのような理由であっても「儲けたい」という思いを抱いていれば、株式投資で儲けるための戦略を組み立てるのは簡単です。

「株を買って儲けたいから、絶対に投資資金は減らしたくない」と考えている場合、安定株や資産株に投資してこつこつ配当金を受け取れば願望は達成されます。

逆に「多少リスクを取っても良いから、大きく儲けたい」と考えている人は低位株を狙ったり、成長性の高い株を買ったりするのがお勧めです。

どのような理由であっても株式投資を始めることは良いことですが、「自分のお金を使って資産運用している」という意識を忘れてはいけません。たまにゲーム感覚で株取引を行なう人がいるのですが、ゲーム気分で株を売買すると気が大きくなって危険な投機を繰り返すことが大きくなってしまうので大変危険です。

リスクを取ると言っても、無用なリスクは避けるのが肝心になります。

自分のトレードスタイルや投資スタイルに迷いを感じたとき、「最初に株式投資を始めようと思った理由」を考えて原点回帰してください。

不労所得が欲しくて株式投資を始めたのであれば、「配当金を支払ってくれる優良株」に投資すれば良いのです。楽してお金を儲けたいという思いを抱くのは決して悪いことではありません。

株式投資を始める理由を明確にすれば、将来自分のスタイルが正しいのか迷ったときに修正することが可能です。

私は「株で不労所得を得たい」という理由で株式投資を始めましたが、現在も初心を忘れないで株取引を続けています。不労所得を得たいという目標を達成するのが重要になるため、購入する株も明確化されています。

配当利回りが高い株を選び、できるだけ安定力に優れている株を買い、不労所得を得続ける投資スタイルを貫いているのが今の私です。時折成長性に期待が抱ける成長株を買うこともありますが、「不労所得を受け取る」という基本目標が達成できれば良しとすることに決めています。

何年も株取引を続けていると「俺、何でこんなことしてるんだろ……」と思うこともあるので、そのときは初心に帰るようにしてください。


スポンサードリンク