株式投資は守備力が低い

LINEで送る
Pocket

株式投資は守備力が低いことを理解する必要があります。

そもそも、守備力とはどのようなことを指すのでしょうか?

簡単に説明すると、守備力とは資産を守る力になります。資産の変動リスクがない銀行預金や元本保証型の国債は資産を守る力が強いため、守備力が高いと断言することができますが、株式投資は変動リスクがあるので守備力は低いのです。

しかし、守備力が低い代わりに株式投資は他の追従を許さない大きな長所があります。それは株式投資は儲かるという長所です。

株価の減少によって、自分の資産が少し減ったとしても焦る必要はありません。損失は配当金でカバーすることができます。


例えば、5000円の株を100株購入したとします。しかし、日経平均が悪化した影響で株価が4900円になってしまいました。この場合、1万円の含み損が発生した計算になります。

しかし、この5000円の株は毎年1回、配当利回り5%の配当金を支払ってくれるため、あなたの手元に2万5000円の配当金が届きます。この場合、株の含み損よりも利益の方が上回っていることが分かります。

このように、株式投資は配当金で現在の損失をカバーすることができます。

守備力が低いのであれば、配当金収入で補えば良いのです。

また、株価はいつまでも下がりっぱなしということはありえません。健全な経営を続けている会社であれば、いつか株価が向上する可能性が高いのです。

もし、4900円になった株が5000円の買値に戻ったらどうなるでしょうか? あなたの手元に届いた2万5000円の配当金はそのまま利益になります。

株式投資は守備力が低いと言っても、その代わり資金を増やすための攻撃力は高いのでそこまで心配する必要はありません。

また、株にはインフラ株というものが存在しており、人間の基本的な生活を支える企業の株は資産株として投資家から評価されています。そのような資産株は株価の動きも緩やかなので、守備力が高いと言い換えることが可能です。

どうしても安全策を取りたいという方は、資産株の購入を検討した方が良いでしょう。守備力が低いという株式投資の欠点は、他の方法でいくらでもカバーすることが可能です。


スポンサードリンク