株式投資の参入障壁が低い3つの理由

LINEで送る
Pocket

株式投資は始めるのが難しいと考えている方も多いのですが、それは誤解です。

1000円から株を買うことができるため、株式投資は参入障壁がとても低いのです。他の投資と比較すれば分かりますが、低コストで始めることのできる株式投資は万人に受け入れられる可能性を秘めているのです。


では、なぜ株式投資の参入障壁は低いのでしょうか?

1,過度な投資資金は必要ない

「株式投資を始めたければ元手は100万円を超えてなくてはいけない」という固定観念を抱いている人も多いのですが、これは間違っているので無視してください。

私も実際に言われたことがあるのですが、100万円以下の投資資金でも十分に儲けることができます。株を買うのであれば1000円あれば十分です。

そう考えると株式投資は金銭的な参入障壁がとても低いことに気づきます。

不動産投資と比較したら分かりやすいのですが、不動産投資は何百万もの資金が必要になります。郊外のボロアパートを買ってもそれなりの資金が必要になるので、多くの投資資金がないと不動産投資を始めることはできません。

お金を借りて不動産を運用するという方法がありますが、そもそも「お金を借りなきゃ始められない」というのが参入障壁が高い原因になるのです。

株式投資のように1000円から始められる投資はなかなか見当たりません。国債投資ですら購入単位は10000円に設定されているのです。

2,誰でも株式投資を始めることができる

証券口座さえ獲得すれば誰でも株式投資を始めることができます。未成年であっても親の許可が取れれば株式投資を始められるので、金銭面以外の参入障壁も低いことが分かります。

私は未成年のときから株式投資を始めた方が良いと思っています。株式投資は経済の流れを勉強するのに最適で、お金がどのように流れているのか肌で感じることができるからです。

自己責任能力は必須になりますが、それはどの投資も同じです。必要資金が低く、誰でも株式投資を始められるのは参入障壁が低い証明になります。

3,株は放置するだけで儲けることができる

これは他の投資でも共通する部分ですが、株は「完全放置」で儲けることができる金融商品です。

不動産投資も放置して儲けることができますが、完全放置を行なうのは難しいのです。中には不動産会社に全ての管理を委託している人もいらっしゃいますが、利益率が落ちてしまうのが難点です。利益率を高めたいと考えている方は自分で不動産を管理しているのです。

つまり、管理という手間を考えると他の投資は参入障壁が高いと解釈することができます。

株は他社の管理が不要です。1度株を買ってしまえば寝てても起きてても不労所得を受け取れるので、「株を買ったら放置で良い」という特徴も参入障壁を低めることに繋がります。

以上の3つの利点が株式投資の参入障壁を下げているのです。株は参入障壁が高いと思い込んでいる人も多いのですが、株式投資は知れば知るほど簡単ということに気づくはずです。


スポンサードリンク