役立つ知識はなるほどと思える

LINEで送る
Pocket

役立つ知識はなるほとど思えます。


「なるほど」と自分を納得させることができない知識は役に立つ可能性が低いのです。役立つ知識を得たいと考えている方は「なるほど」と納得できるかどうかを意識してみましょう。

株式投資で役立つ知識はたくさんあります。

株式投資の専門用語も大変多く、その大半は役に立たない知識です。覚えておいても損はないのですが、別に覚えなくても良い知識というものは存在します。株式投資の専門用語に詳しいからといって株式投資で勝てるとは限りません。株式投資で勝ちたければ役立つ情報を仕入れる必要があるのです。

情報を分別するために、自分自身が納得できるか否かを基準にするのはとても大切です。

自分自身が納得しなければ優れた戦略が存在しても実行することはできません。例えば、短期間でお金を儲けたいと考えている方に長期投資の良さを語っても、ほとんど納得して貰えません。知識というものは受け入れる側が納得しなければいけないのです。

「あ、この知識は全く役に立たないな」

そう思い込んでしまった時点で自分の中で特定の知識を拒絶することになるのです。そのため、できるだけ多くの知識を会得したいと考えている方は知識のアンテナを広げるようにしましょう。知識に対して貪欲になるのです。

【勉強は最高のドーピングになる】

勉強は最高のドーピングです。普通、ドーピングというものは違法であり絶対に許されない手段になりますが、勉強は最良のドーピング方法になります。

株式投資で勝ちたいと思っている方は、「勉強」というドーピングを活用するようにしましょう。勉強ドーピングは労力が必要になりますが、お金は一切かかりません。無料で知識を増やすことができるので、お金がなくても投資家としてのスキルを高めることができるのです。

勉強も効率が重要になります。

手当たり次第に株式投資に関する知識を身につけようとするのはお勧めできません。効率的に勉強したければ、何でもかんでも暗記するという手法から脱する必要があります。

そこで役に立つのは、「自分がなるほどと思える知識だけを集める」という方法になります。

自分の感覚を頼ってください。役に立たないと思った知識も後々役立つことは多々ありますが、とりあえず今は役に立つ知識だけを集めれば良いのです。

なるほどと思わなければ知識を会得しても有効に活用するのは難しいのです。納得するというのは「知識の使い道がある」ということになるため、自分自身が納得しなければ知識を活かせないのです。

効率的に勉強をして、株式投資の勝率を上げていきましょう。


スポンサードリンク