ホームレスにならないために有効な防止策

LINEで送る
Pocket

ホームレスから脱して上場企業を立ち上げた例と言えばオウケイウェイヴ (3808)の兼元謙任社長が有名ですが、実はホームレスは誰にでもなる可能性があることをご存知でしょうか?


出典 www.adamplimpton.com

私が子供の頃は、「ホームレスは小さい頃から勉強しておらず、大人になっても働かず、どうしようもない人間がなるものだ」と考えていたのですが、この勝手な思い込みは確実に間違っていることに気づいたのです。

今の時代は成功者であろうともホームレスになる可能性が存在し、「元会社経営者や大卒のホームレスが実在している」という事実に気づかなければいけません。

兼元謙任社長のようにホームレスから抜け出して上場企業の経営者になっているケースも存在しますが、これはとても稀なケースでしょう。正直に申し上げて私は自分がホームレスになる可能性も全くのゼロだとは思っておらず、「誰でもホームレスになる可能性はある」と考えています。

会社をクビになったり経営していた会社が倒産したり、人生に絶対はありません。今成功者として讃えられている人々も一歩間違えれば「敗北者」としての道を歩んでいる可能性は大いに存在するのです。

ホームレスになりたくなければ資産を形成するのが1番です。

収入よりも多くの支出があるからホームレスにならざるをえないのであり、一気にお金が吹っ飛ぶアクシデントを味わうのは珍しいことではありません。

借金が返しきれなくなったり、持ち金が底をついたりするからホームレスになるリスクが高まるのであり、いざという状態に備えてお金を貯めておけば万が一の事態に対処することができます。

私が株式投資をお勧めしているのは、「株は市場が開いている時間であればいつでも換金可能な金融商品」だからです。

あなたもご存知の通り、株は換金性が高い金融商品です。日々株価は変動しますが、逆に言えば平日であれば換金するチャンスはあるのです。

突然資金が必要になっても株を売却すれば資金を確保することができるため、「ホームレス防止策として株は非常に有効」だと考えることができます。

土地や一軒家を保有するのもアリですが、これらの不動産は換金するのに時間がかかるのであまりお勧めできません。やはり私は株を中心とした資産を形成し、万が一の事態に備えることができる資産運用を行うのが1番だと思っています。

そもそもストック型収入を確保していればホームレスになる心配は大分薄れるのですが、株は配当金という名のストック収入が確保できるのでそういう意味でも株は有効な金融商品です。


スポンサードリンク