個人株主を歓迎する会社は多い

LINEで送る
Pocket

基本的にほとんどの会社は個人株主を歓迎しています。

株主には機関投資家、外国人投資家、個人投資家の3種類の投資家が存在しますが、その中でも個人投資家の割合が増えるのは企業にとってメリットが大きいのです。企業が魅力的な株主優待をプレゼントするのも個人株主を増やすためという目的があります。

では、個人株主を増やすメリットは何でしょうか?

1,応援してくれる人が増える

株式投資を始めて株を買うと、必然的にその会社のことを応援することになります。自分が株を購入した会社が発展を遂げれば、株の価値もどんどん高まっていきます。会社からすれば、個人株主が増えるのは商品のリピーターも増える結果に繋がるのです。

例えば、レジャーランドを運営している会社は個人株主が増えるとそれだけ知名度を高めることができます。レジャーランドの無料招待券を株主優待として配布し、個人株主を味方につけるための戦略を練っているところが多いのです。

個人投資家が増えることによって、施設や店舗を利用してくれるお客様を増やす結果に繋がります。マクドナルドやスターバックスは魅力的な株主優待制度を導入しているため、個人投資家が増えれば増えるほど利用者も増えるのです。

応援してくれる人が増えるのは売り上げを増大させる上でとても重要になります。企業を相手にする仕事ではなく、個人を相手に商品を提供している会社ほど個人株主の重要性が増すと考えられるでしょう。

2,個人株主の増加は買収防衛策として有効

一般的に個人株主は機関投資家や外国人投資家と比べて影響力が弱いのです。つまり、会社を防衛するための手段として個人株主の割合を増やすのはとても有効な判断になります。


機関投資家の影響力が強まると、自由な経営を行なうことが難しくなってしまいます。しかし、一定数の個人株主を味方につければ株主総会の議決も通りやすくなるのです。

個人株主に会社が買収される危険はほとんどありません。

会社にとって個人株主とは、健気に会社を応援してくれるありがたい存在なのです。例え利害関係があるとしても、個人株主の増加は会社の買収防衛策として有効なので多くの会社は個人株主を歓迎します。

3,上場を維持することができる

会社は上場したらそれで終わりではありません。例え一部上場を成し遂げられたとしても、一部上場企業として活動するためにはいくつかの条件が存在します。

それは時価総額であったり、純資産額が条件に含まれていたりするのですが、株主の数も上場を維持するための基準の1つとして盛り込まれています。

一部上場を維持するためには株主が2200人必要になります。2200人は膨大な数になるので、個人投資家をいかに集めるか?という考えが重要になるのです。個人株主を軽視すると一部上場を目指すのも難しくなってしまいます。

そのため、企業はあの手この手を使って個人株主を増やそうと躍起になっています。一部上場企業として名を連ねるメリットはとても大きいので、個人株主を確保するために株主優待をプレゼントしたり配当金の額を増やしたりしているのです。

このように、会社が個人株主を歓迎するのには理由があります。株式投資で勝ちたければ、個人投資家を優遇してくれる会社の株を選ぶのが良いでしょう。


スポンサードリンク