投資資金はいくら必要なのか?

LINEで送る
Pocket

株式投資を始めたいと思っている方は必ず突きつけられる投資資金問題。

質問サイトを覗くと「株式投資で儲けたければ最低でも100万円は必要ですね!」とか適当な回答が寄せられていることもあり、株式投資のハードルの高さに辟易した人も多いでしょう。

「100万円なんてねーよ! 金がないから株で儲けようとしているんだろ!」と考える人が大多数だと思います。

その気持ちは本当によく分かります。

私は40万円の投資資金で株式投資を始めた人間なのではっきり言うことができますが、「投資資金なんて最初は少ない方が良い」です。


これは会社勤めを辞めた人にありがちなパターンになるのですが、1000万円以上の投資資金を用意して株式投資を始める人は大抵負けます。「株は資金があった方が有利」という格言を信じ、とにかく資金量で勝負しようとする投資家がたくさんいらっしゃいます。

退職金を受け取り、ある程度歳を重ねた人が株式投資を始めるのは大変結構なことです。

しかし、大抵の初心者は「会社の名前や知名度だけで株の能力を分析しようとする」ので、的外れな分析を通じて株を買うことが多いのです。

利益額が低迷している大企業株を購入したり、何も考えないで老舗企業の株に投資したり、投資効率を重視しないで成長力のない株を保有したり、「多くの初心者投資家は合理的に物事を判断することができない」のが現状になります。

そもそも物事を正確に分析したければ「数多くの判断材料を自分で集め、その中から役立つ情報をピックアップして株の総合力を分析する」のが1番良いのですが、初心者投資家は何を参考材料にすれば良いのか分からないので「非効率な投資」を行なうことが大半です。

そういう人がいきなり1000万円以上の大金を使用して株式投資を始めたら大変なことになりますよ。

株式投資というものは続ければ続けるほどスキルアップするのが普通なので、最初は「小資金で株を買った方が良い」のです。40万円以下の投資資金でも構いません。

株式投資を始めたばかりの人は「少額資金を運用して株式投資に慣れる」のがお勧めです。

株式投資のコツが分かってきたら少しずつ投資資金を増やせば良いですし、何も焦る必要はないのです。いきなり大きなお金を使用して訳の分からない糞株を買うくらいなら、少ない投資資金を活用して「少しでもお金を増やす練習」を積んだ方が良いと思っています。

「最低でも投資資金は100万円必要ですよ」という意見は無視してください。投資資金は10万円でも、1万円でも良いです。

大切なのは投資資金の額ではなく、「株式投資で勝ち続けるスキルを身につけること」です。

そもそも投資資金の額で投資家の実力が決まるわけではないので、リスクを最小限に防いで株式投資のスキルを身につけたければ「少ない投資資金を活用すること」が重要だと考えるべきです。

「株式投資を始めたければ最低100万円は必要」という風聴をどうにかしたいと思っています。

このような風聴があるから「株式投資を始めるハードルは高い」と誤解されるのであり、個人投資家の増加に繋がらないのです。

1000万円投資していようが、10万円投資していようが投資家は投資家です。

株を保有した時点で「投資家」という名の誇れる存在になることができるので、投資金額を気にしないで株式投資にチャレンジして欲しいと願っています。


スポンサードリンク