相場の流れとは?

LINEで送る
Pocket

株式投資には相場という専門用語が存在します。相場は株価のことを指しており、株価が減少したり向上したりすることを「相場が動く」と言います。

株の値動きが活発化していると相場の流れも良くなっていきます。特に値動きの激しい株は初心者向きではなく、相場の流れが激しいため瞬発力や値下がりのリスクに動じない精神力が求められるのです。

相場の流れを読めるようになれば、自分の思い通りに株式投資で利益を生み出すことが可能になります。しかし、熟練したベテラン投資家であっても相場の流れを完全に読み取るのは難しいのです。


しかし、ある程度の流れでしたら初心者でも簡単に読み取ることが可能です。

例えば選挙の影響によって政権が交代し、国民が望む政権に移行したときは日経平均株価が上昇すると考えることができます。このように、世間を騒がせるニュースを知って株価にどのような影響を与えるか考えれば、ある程度相場の流れを予測することができます。

相場の流れを完全に読み取るのは難しいのですが、ある程度の予測をつけるのは全く難しいことではありません。

しかも、ある程度予測が立てられるようになれば株式投資の勝率も驚くほどアップするのです。それは相場の流れに応じた投資戦略を実行できるのが一番大きな理由になるでしょう。

相場の流れを活かすか殺すかは自分次第です。相場の流れを的確に判断できるようになり、相場を的確に分析できるようになれば株式投資上級者に一歩近づいたと言えるのです。


スポンサードリンク