株式投資が難しいと誤解される理由

LINEで送る
Pocket

株式投資は難しいと多くの方が誤解しています。


確かに、株式投資を始める前は「専門用語が多くてとても難しそうだ」と思うのですが、思い切って始めてみると全然難しくありません。基本的に株というものは保有して配当金を得るか、売却益を得るかのどちらかになるので、ルールとして考えると全く難しくないのです。

ルール自体はシンプルですが、株式投資は奥が深いのが特徴になります。

自分の買った価格より高く株を売却すれば株式投資で儲けることができますが、売却益を得るために様々な人が試行錯誤しているのは確かです。

テクニカル分析という手法をご存知でしょうか? テクニカル分析は株価の動きを予測する分析方法になりますが、なぜか初心者の方ほどテクニカル分析に手を出したがる傾向があります。

実は私も同じだったのですが「とりあえずチャートの動きを勉強しておかないとな」と思いました。その勉強は非常に無意味で、勉強したことによって時間の大切さを痛感することができました。

チャート分析という方法で儲ける手段もアリですが、わざわざ難しい方法を選択する必要はありません。儲けたい人はできるだけ簡単な方法を選んだ方が良いのです。

株式投資が難しいと誤解されるのも、最初の段階で「難しい方法」を選択するからです。デイトレードで儲けるのは凄く難しいのですが、何も知らない状態だと「デイトレードで稼ぐのが主流」と考えます。株式投資で儲けるという前提が間違っているのです。

株の銘柄分析が難しいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、株の銘柄を分析するときも四季報を参考にすれば簡単に会社の財務状態を知ることができます。株式投資で儲けるための情報はすでに提供されているので、自分が情報を上手く活用すれば株式投資で勝てます。

「株式投資で儲けたければ、経済に詳しくなければいけないし、専門用語も知らなければいけない。1流の専門家じゃないと儲けられないんだ!」

上記のように考えている人もいらっしゃいますが、間違いです。

専門家だから儲かる、専門家じゃないから儲からないというのは関係ありません。確かに、株に対する知識が詳しい人ほど株式投資の勝率は高まりますが、間違った理論を実践していると知識は役に立たないのです。

逆に言えば、初心者でも正しい理論を実践すれば株式投資で簡単に儲けることができます。その方法が長期投資という手段になりますが、多くの初心者は「難しい方法」ばかり選択するのです。だから株式投資で勝てません。

まず、株式投資は難しいという思い込みを捨ててください。実際に株式投資を始めたら驚くほど簡単ということに気づきます。


スポンサードリンク