株式投資の知識は量より質

LINEで送る
Pocket

株式投資の知識は多ければ多いほど良いのですが、どちらかというと量よりも知識の質を重視した方が良いでしょう。株式投資の知識が多いからといって、株式投資で勝てるとは限りません。株式投資は知識を競うゲームではないのです。

確かに知識が多ければ様々な場面で知識を活用することが可能です。しかし、株式投資に関する全ての知識を会得しようとすると、初心者の方は株式投資に嫌気が差してしまうかもしれません。


知識量を増やすことも重要ですが、それよりも知識の質にこだわるのがお勧めです。質の高い知識は株式投資で利益を上げるために重要な役割を果たしてくれます。はっきり言ってしまえば、株式投資には覚えなくてもいい知識も存在するのです。

例えば、ストックレンティングという株式用語が存在します。このストックレンティングという単語は、「株券を貸し借りする取引」という意味ですが、正直に申し上げるとこのような単語の意味を知らなくても株式投資を始めることは可能です。

ストックレンティングという単語を知らないからといって、株式投資で勝てないというわけではありません。むしろ自分の知識を活かせない方が問題なので、最初はよく使う株式投資の知識だけ覚えていきましょう。

また、投資方法によっては株式投資の知識をあまり必要としない場合もあるのです。配当金狙いの長期投資の場合、株の専門用語を駆使する必要はありません。ただその企業が配当金を支払い続けることができるか否かが問題になるので、チャート知識や株取引のテクニックを活用する機会は少ないのです。


スポンサードリンク