投資すべきなのに投資しなかったのが1番の失敗

LINEで送る
Pocket

株式投資における1番の失敗とは何でしょうか?


出典 www.produktion.de

私は含み損を抱えたり投資資金が減ってしまったりすることよりも、「投資すべき案件」に対して投資しなかったのが1番の失敗だと思っています。

松山大河さんという方がとても面白い投稿をしているのでご紹介させて頂きます。

 

<投資の失敗について>
僕のような小型のアーリーステージの投資組合にとっての投資の損失というのは、そもそもの掛け金が比較的小さいので、全損であっても影響は小さい。
最大の投資の失敗というのは、目に見えない「投資すべきだったのに投資しなかった」機会損失にあるように思える。

代表的な失敗事例をあげておきます。

・グリー初期にの元ネットエイジで一緒に働いていた山岸氏(現副社長)から相談を受けた際に、時価総額が×億で高いな~と思った。→いまでは東証一部の時価総額数千億の日本を代表する会社に。

・当時まぐまぐでアルバイトしていた佐野君が料理サイト作ってて、当時僕は、「趣味のサイトか~ ひまなのかな~」と思っていた。→月間UU2000万人のクックパッド

・アクセンチュア時代の先輩吉松さんに喫茶店によびだされて、当時まだ大学生だった田中良和氏と一緒に話を聞いて、化粧品のメルマガを出すんだ、と説明された時には「吉松さん!!オトコなのに!!!」と思って、どうやって資金の相談につながらないようにするか、懸命に話をそらしていた。→@コスメ大成功 一部上場おめでとうございます!

・eGroupsの日本法人取締役を引き受ける際に、サンフランシスコで、eGroups創業者1人のカール・ページから、今度弟が起業して検索サイトを始めたんだ、と弟さんを紹介されたけど、「え!いまさら!検索エンジン!!!アルタビスタかよw!Gooooogle!死ぬほどスペルうちにく!」と思った。あと弟が兄より出世するなんて、ありえないと自信を思っていた。
→ラリー・ページは、その後神速で世界制覇

・ネットエイジ時代に西川さんとシリコンバレーの「Idealab」を訪れた際に、小さなスペースに机がちょこっとだけあったOvertureを見つける。ビジネスモデルを聞いたら、「検索結果に広告を差し込むんだよ!」と聞いて、帰りしな西川さんと2人で「!!!ぜったいに!!!この会社は!!!ダメですね!!!!!」と確信していた。
→その後Yahoo!が買収、Googleも採用するビジネスモデルに

ちなみにその際に、多数の机とスタッフで大きなスペースをわが者顔で占めていた玩具ECの「eToys」をみて、僕も西川さんも「この会社は勢いがあって!一番成功しそうですね!!!」と言っていた。→デラウェア破産裁判所で2001年倒産
ほんとうにわからないものです。。。

出典 https://www.facebook.com/taiga.matsuyama/posts/10200417729986473

 

以上の文章はベンチャー企業における投資について語った内容になりますが、実に面白い!

 

これはベンチャー企業投資に限った話ではなく、上場企業でも同じことが言えるでしょう。投資すべき魅力的な株が存在しているのにもかかわらず、投資を躊躇して「注目していた銘柄の株価が上がる」というのはよくあることです。

 

どう考えても値上がりが予測できる株は積極的に投資すべきです。

 

しかし、人はリスクを極端に恐れるので「こんな糞株に投資して本当に大丈夫か?」と怯えてしまい、せっかくの投資機会を逃すことが多くなります。

 

特にベンチャー企業に対する投資の場合、「まだ成長していない段階で投資する」のは絶好のチャンスになります。なぜかと言うと、成長性が高くても規模が小さいベンチャー企業に投資し、株を保有すれば将来的に大きな利益を得られることが見込めるからです。

 

その利益は配当金だったり、会社が大きくなったときの売却益だったりするのですが、優秀なベンチャーキャピタリストは「将来性が高い会社や経営者」に対して積極的に投資します。そして将来大きなリターンを得るために一定数の株を保有するのです。

 

ベンチャー企業がベンチャーである期間はそんなに長くないのが実情になります。

 

別の観点で考えると「まだ大企業になっていないベンチャー企業に投資するのは最大のチャンス」だと捉えることができ、将来性が高い企業にはリスクを恐れずに積極的に投資するのが望ましいと考えられます。

 

ただ、スタートアップしたばかりのベンチャー企業に投資するのは相当リスクが高いのは拒めませんが、1発当てれば大金が得られるのも事実です。

 

ベンチャー企業に投資する場合でなくても、「投資する絶好のチャンスが転がっていたら迅速に投資判断を下す」のがとても重要になります。リスクを恐れていたら投資で利益を得ることはできないのです。


スポンサードリンク