株式投資はリスクが高い

LINEで送る
Pocket

一般的に株式投資はリスクが高いといわれておりますが、これは事実です。定期預金や一般的な普通預金と比べて、株式投資は資産が減少するリスクがあるためハイリスクハイリターンな投資方法であると考えられます。

しかし、リスクが高いといって株式投資を過度に恐れる必要はありません。なぜならば株式投資はリスクよりも得られるリターンの方が上回る場合が多いからです。自分なりの投資戦略を構築し、安定的に勝てる方法を生み出すことができればリスクよりもリターンの方が上回ります。

定期預金や普通預金では自分なりの投資戦略を構築することはできません。それは定期預金の利率は一定である場合が多く、自分の技術によって利益が向上することはほとんどないからです。

リスクが高いといわれている株式投資ですが、長期投資に徹すれば安定したリターンを手に入れることが可能になります。リスクを過度に恐れるのではなく、リスクを受け入れつつ株式投資のリターンを評価するのが良いでしょう。

株式投資に反対しているのほとんどは、株式投資の悪い面ばかりを強調して批判を続けています。しかし、リスクとリターンは比例関係になっていることが多く、リスクが高い反面得られるリターンも大きいのです。

例えばたくさんの不労所得を受け取りたいと考えている方は、株式投資に手を出すのがとても効率的です。株式投資では配当金という名のリターンがとても高いのですが、株価が減少するリスクもあるのです。

しかし、株価が減少するリスクがある代わりに株価が上昇する可能性が存在しているのも事実です。配当金という収入が見込める以上、株式投資はリスクよりもリターンの方が総合的に上回っていると判断することができるのです。


スポンサードリンク