リアルビジネスと株式投資のリスクの比較

LINEで送る
Pocket

株式投資はリスクが高いと言われていますが、リアルビジネスと比較すると物凄くリスクが低いことに気づきます。


株という金融商品は元本割れの可能性があるため、元本保証の金融商品と比較するとリスクが高いです。しかし、リスクが高い分儲けることができるのが株の魅力で、リスクコントロールを上手に行えば株式投資のリスクは大したことがないことに気づきます。

では、リアルビジネスと比較として株式投資はどれだけリスクが低いのか検証してみたいと思います。

【リアルビジネスのリスク】

1,最初は赤字! 2年間赤字が続くのも珍しくない

リアルビジネスは最初は赤字が当たり前だと思ってください。創業してから2年間赤字になることも珍しくないのです。東証マザーズに上場しているオイシックス(3182)という会社も最初は赤字が続いており、社長自ら投資先を探しまわるのが普通でした。

創業当時の赤字という壁を乗り越えれば大儲けする可能性も見えてきますが、そもそも赤字に耐え切れなかったら会社は潰れるしかないんです。

最初から黒字前提で事業に取り組んでいる会社のほとんどは潰れます。融資を申し込んでも大抵の場合断られるでしょう。

軌道に乗るまでの赤字に対処するために、金融機関からお金を借りてその場を耐え凌ぐのは珍しくありません。そう考えると「借金をしてリアルビジネスを成功させる」という手法は相当リスクが高いことに気づきます。

しかし、株式投資は違います。

最初から赤字になる可能性は考えなくて良いです。赤字を出さないために安定企業の株を買い、堅実に配当金を受け取れば赤字になることはないからです。リアルビジネスは顧客をたくさん得ないと赤字になってしまいますが、株式投資は宣伝やPR活動を必要としません。

最初から黒字前提で物事を考えても良いのです。また、赤字を解消するために金融機関からお金を借りる必要もありません。自己資金だけで十分儲けることが可能です。

リアルビジネスは赤字になって当たり前です。例えば焼肉屋を運営していても、客足が伸びないだけで赤字が出てしまいます。賃料や電気代といった定期的な維持費を支払い続けなければいけないので、利益が出ないと赤字になります。

しかし、株式投資の場合株価が下がっても赤字にはなりません。

株価が低下して売却したら赤字になりますが、売却しなければ赤字にならないのです。含み損を解消するまで株を保有し続ければ赤字にはなりません。配当金収入も期待できるので、含み損がたんまりある株も最終的に黒字化することは可能です。

2,リアルビジネスは維持費がかかる

リアルビジネスは維持費がかかります。それは人件費であったり賃料や電気代であったりと、多くの維持費がかかるのです。

全く利益が出ない状態が続くとあっという間に潰れます。赤字というものは「毎月お金が減っていく」という最悪の状況になるため、何があっても利益を上げなければいけないのです。

しかし、株式投資は違います。

まず株というものは維持費がかかりません。儲かっても儲かっていなくても維持費は全く必要としないのです。そのため、無配当の株を保有していても維持費が発生しないので自分の破産を心配する必要はありません。

保有株の会社が倒産したとしても、投資資金が失われるだけで借金を背負うことはありません。信用取引を行なっていたら別です。

株を保管する金庫もいらないのです。株は現物資産ではないため、株という資産はネット口座に保管されているのです。このネット口座も維持費はゼロです。中には維持費がかかる証券口座もありますが、維持費がかからない証券口座に乗り換えてしまえば良いのです。

そう考えると株式投資で儲けるのは物凄く簡単ではないでしょうか? 

リアルビジネスで儲けるよりも、株式投資で儲ける方が何倍も簡単である事実に気づきます。

株式投資はリアルビジネスと違って以下の利点があります。

1,維持費がかからない

2,維持費がかからないから毎月の支出を心配する必要がない

3,勝手に配当金が振り込まれるので、自動的に黒字化が可能

4,宣伝をする必要がないから広告費もかからない

5,人件費などの支出もいらない。自分1人で全てカバーできる

特に4番目の項目は大きいです。ビジネスで利益を出したければお客様に存在を認知してもらう必要があるため、広告費という支出を受け入れなければいけないのです。

しかし、株は広告費やPR活動を一切行わなくて良いのです。利益を得るために必要な支出は「株を買う資金」のみになるため、継続的な支出が発生しないのはかなり大きいです。

しかも株を買う資金は、株を売却すればまた得ることができます。1度投資した設備を売却して元を取るのはほとんど不可能ですが、株は「元を取るどころか、買った値段以上に高く売ることができる」というとてつもない強みがあるのです。

株自体が自動でお金を稼いでくれて、売却益も狙えるのは物凄く優れている金融商品である証明になります。

この事実をしっかりと認識して、リアルビジネスと株式投資の難易度の違いについて考えてみてください。


スポンサードリンク