落ちるナイフを掴むのは良いことではない

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝つために重要となるのは「落ちるナイフを掴まないこと」です。

落ちるナイフとは、チャートが下落し続けている状態で株を買う行為のことを指します。要するに株価が落ち続けている状態を狙って株を買うのは非常にリスクの高い行為になるため、「株価が下げ止まってから株を買う」のが1番になるのです。

そうは言っても株の底値を知ることができれば苦労はありません。

今まで株価が上昇し続けていた株がいきなり株価が下落したときは注意しなければいけません。こういう株はその後も値下がりし続ける可能性が高いので、「株価が下落し始めた株を買うのは落ちるナイフを掴むのと同じ」だと思ってください。

下落トレンドを維持している株を買ってしまうと、あっという間に含み損が拡大するのでお勧めすることができないのです。株式投資で儲けたければ「チャートを見て、下げ止まったところを見計らって株を買う」のが重要になります。

ただ、こういうことを言うと「株価が上昇し続けている株を買う」のが良いことだと勘違いしやすいのですが、それは逆です。値上がり続けている株を買うのは「高値掴み」をするリスクが高く、それならば株価が下落している株を買った方が良いのです。

落ちるナイフを掴むつもりで株を買い、結果的に株価が上昇するケースも多々あります。

私は下方修正が発表された株を買い、後日株価が上がって利益を出したことがありますが、これは非常にリスクが高い投資になります。

そのため、初心者の方は落ちるナイフを掴むのではなく、「会社の価値が割安」だと判断したら株を購入するのがお勧めです。そうすれば今株を買った段階で「割安」と評価を下すことができるので、長期投資を実行すれば大抵の場合儲けることができます。

短期間の株価の上昇を意識するから株式投資で勝つのが難しくなるのです。

逆に中期投資や長期投資を通じて「長い期間を見込んで株を保有する」ことを心がければ株式投資で儲けるのは容易です。

落ちるナイフを掴むのではなく、「株価が落ちきった」と判断してから株を買ってください。底値で買ったと思った株が下がり続けるケースも存在しますが、そういう株はいずれ株価が反発するので動揺する必要はありません。

株を安く購入するのが株式投資で勝つ秘訣になりますが、「下降トレンドを維持している株」を買うのはタブーです。落ちるナイフを掴むとそのまま株価が減少し続ける可能性が高く、含み損が広がってストレスを溜めてしまうので初心者にはお勧めできないのです。


スポンサードリンク