株式投資は日本を応援する行為!

LINEで送る
Pocket

株式投資は日本を応援する意味でも有効です!

国が発展するためには経済力を高めなくてはいけません。資本主義社会の経済力は個々の企業の力だと断言することが可能です。先進技術の発達が著しい日本では、中小企業でも独自の技術を持った素晴らしい企業がたくさんあるのです。

そういう企業の株を買って、株主として会社を応援するのはとても素晴らしい行為です。

会社が成長するためには資金がなくてはいけません。会社が株を発行する理由は様々ですが、多くは株を発行して新たな資金を投資家から集め、会社が成長するための設備投資や事業資金に使うことが多いのです。

個々の企業が発展し、強大な力を持つまで成長するようになれば必然的に日本の経済力も高まっていきます。日本の経済力が高まると景気が回復し、経済的に困窮している人たちを救う結果にも繋がるのです。

株式投資を始めて日本の企業の株を買うのは、日本の発展を応援しているのと同義です。


企業なくして国の発展はありえません。大企業を応援するのも良いのですが、まだ無名な中小企業の株を購入して会社が成長するまで見届けるのも立派な社会貢献の手段です。

また、株式投資は国全体に良い影響を与えるだけではなく、個人としても利益を得ることが可能になるため、お互いにwinwinの関係を築くことが可能です。

企業は投資家に自社株を買ってもらい、投資家から集めた資金を会社拡大の費用として充てます。そして会社の業績が良くなったら株価も値上がりし、個人投資家の利益に繋がります。会社が成長すると企業の収益が増大します。そうなると、日本の税収も増えて社会福祉費用が増えたり治安が良くなったりするのです。

東日本大震災が起きた後、絶望に包まれた日々が続きましたが日本の復興を信じている方々がたくさんいました。

その結果が今、現実となって表れています。2013年、自民党に政権が変わったことにより日経平均は爆上げし、日本は経済的な力を取り戻したと考えている人も少なくないのです。

個人の力は微量ですが、皆が株式投資を始めて企業を応援するために株を買ったら、日本全体が活気づく結果に繋がるのです。


日本が大好きで、大好きな日本がもっと成長して欲しい。今以上に経済力を高めてほしいと願っている方は、個別企業の株を買って会社を応援してあげましょう! 個別企業の成長は日本の経済力として反映されます。

また、日経平均が上昇するのも株の買い手がいるからです。売り手ばかりになってしまうと需要と供給のバランスが崩れるので、日経平均が下がってしまいます。

そして負のスパイラルが巻き起こり、日本は活力を失います。

景気回復は日本を応援する個人投資家の力が必要と言っても過言ではないのです。できるだけ多くの人が株式投資に興味を抱けば、それだけで日本再生の鍵になるのです。

日本を応援するために株式投資を始めるのは、とても慈愛に溢れている素晴らしい行動だと言えるでしょう。


スポンサードリンク