株式投資を始めてお金の持ち腐れを防ぐ

LINEで送る
Pocket

株式投資をする意味が分からないという方は多く、そういう人は大抵お金の活用方法に困っています。

浪費をしたり、日々の生活費でお金がなくなってしまったり、何も考えないでお金を使用するとお金は簡単になくなります。しかし、お金を使わないで貯金だけしても「お金はほとんど殖えない」ので、お金を腐らせてしまうのです。


貯金額は多い方が良いのですが、貯金だけに頼ってもお金の持ち腐れになってしまいます。将来マイホームを購入するために貯金をしたり、子供を進学させるために学費を貯めたりするのは「使用用途のある貯金」になりますがただ何となくお金を貯めても意味はないのです。

使う予定もないお金を貯め込むのは「お金の持ち腐れ状態」を招いていることになります。世の中何が起こるのか分からないので貯金額を増やす方針を貫くのも良いのですが、どうせなら株式投資を通じてお金を殖やしていく方針に切り替えるのがお勧めです。

貯金額を増やすことに生きがいを感じている方ほど株式投資に向いています。

長期投資を通じて配当金収入を増やし、自分の資産を増やす感覚を楽しめる人は長期投資家としての素質があるのです。

お金は使用して初めて価値が生まれます。お金をタンス預金や銀行預金に保管することだけを考えるのではなく、株を買って資産を手に入れる意識を持つべきです。不労所得を増やして生活を豊かにするのはお金の持ち腐れ状態を防ぐのに有効です。

【株を買ってお金を資産に変える】

お金は預けてもほとんど利息がつきません。

あなたも銀行預金の利率が低すぎて驚いた経験があるのではないでしょうか。

お金を殖やしたければ資産を手に入れなければいけないのです。その資産は不動産であったり株券だったりするのですが、「お金だけを持ってても意味がない」ことを理解する必要があるのです。

お金は資産に変えて初めて価値が生まれると思ってください。お金だけを保有するのは宝の持ち腐れと一緒です。宝を倉庫に保管しても増えることはありませんが、資産運用すれば宝は何倍も増やすことができるのです。

とてもシンプルな話です。お金の持ち腐れを防ぎたければ投資を通じて「資産を手に入れれば良い」のです。資産から生まれたお金は自分の好きなように使用して構いません。海外旅行に行くための資金として活用しても良いですし、再投資に回しても良いのです。

人生は必ず終わります。人間は必ず死ぬ生き物なので、生きている間にお金を稼ぐための戦略を立てなければいけないのです。寿命がなければこつこつとお金を貯める方針を貫くのも悪くないのですが、残念ながら全ての人間は死にます。

生きている間にちょっとした贅沢を味わったり、お金に悩まされない生活を送ったりするのを望んでいる人は「お金の持ち腐れを防ぐ」ことから始めてください。


スポンサードリンク