株式投資で老後も安心して過ごす

LINEで送る
Pocket

若い頃から株式投資を続ければ、老後も安心して過ごすことが可能です。


年金制度の崩壊が騒がれている今、国に頼るのは間違いであると認識することができます。制度というものは成り立たなければ簡単に崩壊します。自分の身は自分で守る時代となっているため、若い頃から株式投資をして資産を築くのは大変重要になるのです。

定年が訪れてから株式投資を始める人もいらっしゃいますが、できれば早いうちに始めた方が良いと考えてください。

株式投資で稼ぎたければ頭の回転が速いうちに取り組むのが吉となります。若いときから株式投資に取り組めば経験が資産となり、年を重ねた後も経験を活かした株式投資で儲けることが可能になるのです。

老後が不安定と認識している方のほとんどは、自分の資産を保有していません。年金以外に自分の収入源がなくなってしまう人が大半なので、老後の心配をするのです。

それならば、最初から心配しないように策を練る必要があります。若い頃からこつこつ株を買い集め、不労所得を受け取れるように努めれば老後も安心して過ごすことが可能になります。

30歳の頃から株式投資を始めたとしても、毎月5万円ずつ株を買い続ければ年間で60万円分の株資産をつくることが可能です。それを30年続ければ1800万円の資産になります。配当利回りが5%だと仮定しても、年間で90万の配当金収入が手に入るので少ない年金をカバーしてくれる存在になります。(税金分は差し引いていません)

老後の安心とお金は密接に関わってきます。基本的にお金があれば生活費の心配をしたり、医療費の心配をしたり、収入の心配をする必要がなくなるので老後に備えて収入を確保するのは安心を手に入れるために必須となります。

自分年金を作るという心構えを抱けば、老後も安心して過ごすことができます。

国民年金だけで生活するのは実質的に不可能です。国民年金だけではなく、他の収入源を確保することによってリスクヘッジに努めることも可能になるのです。

極端な話、年金だけで生活できない現状が訪れたとしても、他の収入で生活できるようになれば問題はないのです。老後を安心して過ごしたいと思う方ほど複数の収入を確保するのがお勧めです。

お金に困らない日々を過ごすのは理想です。この理想を実現するために、今やるべきことに集中して取り組みましょう。株式投資は豊かな未来を実現するための行為であり、自分の身を守る盾になってくれるのです。

 


スポンサードリンク