生き残るための株式投資

LINEで送る
Pocket

今の時代、普通に会社員として勤めても生き残るのが難しいのが現状です。

景気が悪化すると、企業はリストラという強攻策に乗り出します。アルバイトの人員削減から始まり、派遣社員の首切り、正社員のリストラと、段階を踏んで人件費を削減しようとする企業はたくさん存在します。


なぜ企業は人員削減に踏み切るのでしょうか? それは、会社を存続させなければいけないからです。

もっと簡単に言うと、利益が出ていないからです。人員を削減しなければいけないほど追い詰められると、会社は渋々人件費を削減する方向に動きます。そして、その影響を受けるのが下の立場で働いている人間です。

私たちは生き残らなければいけません。

特に家族を養っている方は、自分だけではなく家族を生き残らせる方法を模索しなければいけないのです。1人で働いていると、収入の全てが生活費に消えてしまうのは珍しくありません。だからいつまで経っても生活苦から抜け出すことができないのです。

このような悪循環を解消しなければいけません。転職活動をしても、最初から良い給料が貰える会社はほとんど存在しないのです。現存のスキルも時代の流れによって陳腐化されるのであれば、自分が生き残るための方法を模索しなければいけないのです。

そこで重要となるのが株式投資です。

注目してください。株資産は自分の収入を増やしてくれる存在であることに。

生活苦から抜け出したければ、生活費を減らすか収入を増やすかの2択しかありません。しかし、多くの人々は節約に関する知識に長けていますが、収入を増やすということに対して重点を置いていないのです。

給料を上げるために頑張るのも1つの手段になりますが、1人で稼げるお金には限度があります。特に正社員で働いている方は、どれだけスキルがあっても他の方の3倍、4倍も稼ぐことはできないのです。よほど地位の高い役員にならなければ稼げません。

しかし、株資産は自分が働かなくても収入を増やしてくれる頼りがいのあるパートナーになります。生き残りたければ金融商品の力を借りて、収入を増やしていく意識を持たなければいけません。

このまま働き続けて、将来が安泰という保障はありますか?

多くの人はNOと答えるでしょう。将来が絶対に安泰という保障はどこにもないのです。それならば、自分自身の力で生きていく力を養わなければいけません。株式投資に関する勉強を始めるのも、生き残るために重要になるのです。

現段階では多くの方が株式投資に目を向けていませんが、「資産でお金を稼ぐ」という意識が強まればたくさんの人が株式投資の魅力を実感するでしょう。

生き残りたければ1つの収入に頼ってはダメなのです。この世の中で生き残りたければ、収入を得るためのシステムを確立させて、働かなくてもお金が入ってくるようにしなければいけません。

そうすれば、万が一の事態が起こっても迅速に対応することが可能です。株は売却することも可能なので、いざというときの資金として利用することもできるのです。

それなら貯金でも良いんじゃないか?と、考える方もいらっしゃるかもしれませんが、貯金はお金を殖やしてくれません。厳密に言えば多少は利息がつくのですが、すずめの涙みたいなものです。

資産を形成しつつ、収入を増やして生き残るのであれば株式投資が1番適しているのです。

また、株によっては魅力的な株主優待制度を実施しているところも多いので、株主優待と配当金の両方を重視すれば、「物もお金も豊かになっていく」という好循環を築き上げることが可能になるのです。


スポンサードリンク