GMOクリック証券は無料で使える財務分析ツールがある

LINEで送る
Pocket

企業の財務状態を分析するのが苦手な人は、GMOクリック証券が提供する財務分析ツールを利用するのがお勧めです。


PC会員ページの「株式」というタブから個別銘柄を検索し、銘柄情報画面から財務分析ツールを利用することが可能です。

この財務分析ツールを活用すると割安性や財務状態をグラフでチェックすることができます。

例えば「株価分析」を調べると、その銘柄が割安か割高か瞬時で分かるグラフイメージを提供しているのがウリです。割安性を計算する手間が省けるので、「視覚的に割安か割高か判断を下したい人」はGMOクリック証券の財務分析ツールを活用してください。

自分で割安性を判断できる人も、GMOクリック証券の財務分析ツールは役立ちます。

「財務諸表」という欄では最大10年分のB/S・P/Lのグラフイメージを閲覧することが可能です。

B/Sとは財政状態を調べるためのもので、企業の資金の使い道や資金をどういう風に利用しているか把握することが可能です。

P/Lは会計事業年度における経営の成果を示しており、どれだけ利益を得たのか確かめるために重要になります。これらの機能もグラフで見れるので、視覚的に瞬時に判断することができるのが良いです。

「経営分析」という欄ではROICツリーを見ることができます。

ROICツリーは企業の効率性を把握するための指標で、投資した資本に対してどれだけ利益を得ているのかを調べるときに役立ちます。一般的にROICツリーが上昇し続けている企業ほど優秀で、上昇基調を維持している企業の株を買うのが得策になります。

また、比較したい銘柄を10個まで追加することが可能で、「自分が気になる銘柄を比較し、その中から優秀な銘柄を選択することもできる」のです。効率的良く資金運用を行ないたければ株同士を比較し、その中から最も優秀な株を選択するのがお勧めです。

企業の企業価値を予測する「シミュレーション機能」も提供しているので、様々なパターンを知りたい投資家はGMOクリック証券の高精度なツールを高く評価するでしょう。

株式投資はデータ戦です。

様々なデータを活用する投資家が最終的に生き残るので、株式投資で勝ち続けたい人はGMOクリック証券の財務分析ツールを有効活用してください。


スポンサードリンク