少額投資家向け!カブドットコム証券のプチ株

LINEで送る
Pocket

カブドットコム証券は「プチ株制度」を導入していることで有名です。

プチ株とは、1株単位で株が買える優れた制度になります。この制度のお陰で投資資金が少ない人でも株式投資を始めることができるので、「株式投資を始めるのが目的なら、資金量は大して関係がない」のです。

ぶっちゃけた話、1000円あれば株式投資を始めることが可能です。


株式投資は通常、1単元単位で株を買う必要があります。

例えばA社は1株2万円で、1単元数が100株だとします。この場合、A社の株を買いたければ「200万円の投資資金」を用意しなければいけません。200万円のお金をポンっと出せる投資家は問題ありませんが、普通の人間はそんな大金を簡単に出せないと思います。

そこで役立つのがカブドットコム証券のプチ株です。

プチ株制度を利用すると「1株単位」で株を買うことができるため、投資資金が少なくても問題ないのです。先ほど例に挙げたA社ですが、こちらの株をプチ株制度を利用すると「2万円の投資資金があれば、A社の株を1株から手に入れることが可能」です。

自分の予算に合わせて様々な株を購入することができるので、プチ株は「リスク分散に役立つ」と判断することも可能です。

投資資金は少ないけど、様々な株に分散投資したいと考えている方はカブドットコム証券のプチ株制度を利用してください。

「プチ株なんかどうでも良い! 俺はお金が有り余っているから単元単位で株を買うんだ!」と考えている投資家はプチ株制度を利用する必要はありません。

「株式投資を始めたければ投資資金は最低100万円は必要だ」と語られていますが、私はこの意見は間違いだと思っています。

先程も解説したとおり、株式投資を始めたければ「1000円の投資資金があれば十分」なので、最低100万円は必要という意見は少し盛りすぎていると感じます。

株式投資を始めたければ投資金額は関係ない。必要なのは「株を買う!」という心意気だけだと考えているのが現在の私です。

プチ株で購入した株は「ご本人様名義の株」になります。

つまり、単元未満株でも正規の株主になることができるので、「株を保有しているだけで世に誇れる立派な株主」です。

単元未満株には議決権がないのがデメリットですが、このデメリットも大したことはありません。

1単元株を保有していても議決権利力は大したことはないので、私は全くと言っていいほど気にしていないのです。(大株主になれば別です)

カブドットコム証券のプチ株は「成行注文」が原則となっています。

1単元が1000株の場合、プチ株制度を利用すれば「1株から999株まで選択することが可能」です。

そして気になる手数料ですが、約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加する毎に67円加算となっております。

売却約定金額が108円を下回るときは手数料は発生しません。

プチ株で株を購入しても株を売却することは可能ですし、配当金も受け取ることができます。そのため、「配当金狙いの投資を行なって少しずつ不労所得を築きたい」と考えている方はカブドットコム証券に口座を開設してプチ株制度を利用すれば良いのです。

手数料も大したことがないので経済的な負担も大きくありません。

私は少額でも良いので、本気で株式投資を始めた方が良いと考えています。

むしろ初心者ほど少額投資を実行した方が良いのです。投資資金が少額であれば損失を抱えても大したダメージを受けませんし、株式市場に参加しているだけで「経済や相場の動向」を理解することが可能になります。これは一生の財産になるのです。

「投資資金が足りないから株式投資が始められない……」と悩んでいる人も安心してください。

カブドットコム証券を利用すれば投資資金が少なくても株を買うことは可能です。


スポンサードリンク