松井証券の現物取引手数料【10万円以下は無料】

LINEで送る
Pocket

松井証券は10万円以下の現物取引手数料が無料です。

【松井証券の現物取引手数料】

1日の約定代金合計金額 手数料(税抜)
・10万円まで 0円
・30万円まで 300円/0円(※)
・50万円まで 500円
・100万円まで 1000円
・200万円まで 2000円
100万円増えるごとに1000円加算
1億円超 100,000円(上限)

 

他の証券会社と比較すると手数料はそこまで安いわけではありませんが、「1日の約定金額が10万円以下だと手数料が無料」という制度は松井証券しか実施していません。

多くのお金を利用して株を買う投資家は他の証券会社を利用しても良いのですが、「少額投資」にこだわる投資家は松井証券を活用した方が良いです。

株式投資を始めたばかりの人は松井証券に口座を開設して10万円以下の投資資金で株を買うのがお勧めです。


10万円以下の単元株でも配当金を支払う株はたくさん存在するので安心してください。株主優待を受け取れる株も多々見つかります。

信用取引口座を開設したら「開設日から6ヶ月後の月末まで、1日の株式約定代金合計が30万円まで無料」になります。

やはり松井証券は「少額投資を行ないたい投資家」に向いています。

松井証券の手数料形態を利用して効率的に株式投資を実行する場合、「少額分散投資」を行なうのがお勧めです。例えば10万円以下で買える単元株を中心に分散投資を行なえば、「手数料は0円のまま様々な株に投資することが可能」になります。

投資資金が多い投資家も「1日の約定金額が10万円以下だと取引手数料が無料」という制度は役立つと思います。

10万円以下で買える株を狙って分散投資を徹底すれば、様々な株から配当金を受け取ることが可能になります。

また、積立投資を行なうこともできます。

「1日の約定金額が10万円以下だと取引手数料が無料」という制度を利用すれば良いのです。

例えば300万円の投資資金を活用して無料で株を買いたい場合、「30日かけて1日10万円ずつ株を購入すれば取引手数料は無料」です。

少し時間はかかりますが、300万円の投資資金を活用して積立投資を行なうのは十分に可能です。(投資期間を伸ばすのであれば500万円でも1000万円でも良いです)

「1日の約定金額が10万円以下だと無料」という制度を高く評価する方は、松井証券に口座を開設してください。

 


スポンサードリンク