松井証券は一日信用取引を行なうことが可能

LINEで送る
Pocket

松井証券は「一日信用取引」というサービスを提供しています。


一日信用取引はデイトレード専門の取引制度で、「一日限定で信用取引を行なって利益を得たい」と考える投機家と相性が良いサービスになります。

一日信用取引という制度を業界で初めて導入したのは松井証券です。

返済期限が当日というのがポイントになりますが、一日信用取引の凄いところは「株の約定手数料は完全無料」という点です。

つまり、松井証券の一日信用取引制度を利用すれば完全無料でデイトレードを行なうことができるのです。

デイトレードは短期間でお金を稼げるのが最大のメリットになりますが、1日に何度も取引する必要があるので「手数料負担が大きい」のがデメリットです。しかし、松井証券を利用すればデイトレードの取引手数料コストをゼロに抑えることが可能です。

 

【一日信用取引の料金形態】

・手数料は約定金額にかかわらず、0円。

・金利、貸株料は1注文辺りの建約定代金合計が300万円以上で年利0%

・1注文あたりの建約定代金の合計が300万円未満の場合、年利2.0%

 

要するに「300万円以上資金を動かしてデイトレードを実行すれば、コストを完全にゼロに抑えることが可能」です。

上記の手数料は「インターネット経由の場合」のみに適用されるので注意してください。

また、松井証券は一日信用取引向けの「プレミアム空売り」というサービスを提供しています。

他の証券会社で空売りすることができない銘柄でも空売りすることが可能なプレミアム空売りは、短期売買にこだわる投機家にとって必見のサービスです。

株の調達が難しい新興市場の株を空売りすることが可能です。

プレミアム空売りは貸株料とプレミアム空売り料がかかります。プレミアム空売り料は日々変動するのが難点ですが、上限は1日につき1株あたり、前営業日終値×1%です。

プレミアム空売りを行なうときは支出が発生しますが、一日信用取引だけを行なうのであれば「デイトレードのコストをゼロ」で抑えることが可能です。

そのため、デイトレード主体の取引でお金を稼ぎたい人は松井証券の口座を開設した方が良いのです。

信用取引やデイトレードに興味がある方は松井証券を利用してください。


スポンサードリンク