無期限信用取引制度を提供している松井証券

LINEで送る
Pocket

「信用取引には期間が設けられているのが普通」という常識が存在しますが、松井証券は従来の常識を覆した信用取引サービスを提供しています。


普通の信用取引制度だと「最長6ヶ月で決済しなくてはいけない」のがルールになりますが、松井証券の無期限信用取引を利用すると期限を気にしないで株を長期保有することが可能です。

普通の信用取引だと「6ヶ月の時が過ぎると意に反して決済しなくてはいけない」のがデメリットでしたが、松井証券を利用すればそのような心配は不要です。

元々信用取引は「投機」というイメージが定着していますが、松井証券はこの現状を覆すために無期限信用取引サービスを実施したのです。このサービスを提供したことによって「期日を気にしないで信用長期投資」を行なうことが可能になったのです。

 

これは長期投資家にとって嬉しい制度だと言えるでしょう。

最初から現物株のみで長期投資を行なう人は無期限信用取引制度を利用する必要はありませんが、「信用取引で長期投資にチャレンジしたい」と考えている方は松井証券がお勧めです。

無期限信用取引の買建対象銘柄は取引所に上場している全ての銘柄が対象になります。

一般的な制度信用取引は「取引所が指定した銘柄しか信用取引ができない」のがデメリットになりますが、松井証券の無期限信用取引を利用すれば新規上場銘柄の初日から信用取引を行なうことが可能です。

また、松井証券が指定する銘柄に関しては売建を行なうこともできます。

 

上場廃止、合併、株式併合、株式分割などの事態が発生したときは信用期日が設定されることがありますが、それ以外は信用期日がありません。

信用取引はリスクが大きいのが欠点になりますが、リスクが大きい分儲けたときの利益が大きいと解釈することも可能です。

「6ヶ月という信用取引期限に縛られたくない」と考えている方は松井証券に口座を開設し、無期限信用取引を実行するのがお勧めです。


スポンサードリンク