株主優待情報にも力を入れている楽天証券

LINEで送る
Pocket

楽天証券は株主優待情報にも力を入れており、その月の株主優待情報をピックアップする形でサイトに情報を記載しています。


例えば4月の株主優待は東建コーポレーション(1766)や伊藤園(2593)など、株主優待情報を分かりやすい形でサイトに載せているのが良いです。画像付きで載っているので「欲しい株主優待」を探すのに役立ちます。

株主優待狙いの投資家は楽天証券と相性が良いのです。

月別の株主優待情報を閲覧することができるため、株主優待情報を調べたければ楽天証券を利用してください。株主優待情報を調べるための費用は一切発生しないので、ノーリスクで情報を収集できるのがありがたいです。

株主優待情報に関しては他のサイトも熱心に情報を発信しているため、自分の好きなサイトを閲覧して情報収集するのがお勧めです。

株主優待は長期投資家にとってありがたい収入になります。

食べ物はそのまま食べることができますし、親や知人にプレゼントして喜んで貰うのも悪くありません。

金券やクオカードは換金することができるので、お金が足りないときは金券ショップなどで株主優待を売却するのがお勧めです。今や株主優待は「個人投資家の重要な収入源」として活躍しているのです。

「株主優待・配当金・貸株利益・売却益」という合計で4つの利益を狙うことができるのが、株式投資の長所です。貸株利益を受け取りたければSBI証券に口座を開設するのが得策になりますが、貸し株に興味がない人は楽天証券でも構いません。

株主優待を充実させたいと考えている方は、楽天証券の情報を利用するのがお勧めです。

月別で株主優待銘柄を確認することができるのは大きなメリットで、「自分が知らなかった優待株」を見つけることも可能です。

株主優待は改悪されたり、廃止になったりすることも多々あるので必ず「企業ホームページ」で株主優待情報を確認することをお勧めいたします。

1つの情報源に頼るのではなく、様々な情報を分析するのが株式投資で儲けるコツになります。


スポンサードリンク