SBI証券の口座を開設する方法

LINEで送る
Pocket

SBI証券に口座を開設する方法について解説したいと思いますが、正直語ることが少ないくらい「口座開設はめちゃくちゃ簡単」です。

まず、SBI証券のサイトにアクセスして口座開設ボタンを押します。その後に「口座開設申込ファーム」に必要事項を記載し、内容確認画面に移行し、「オンラインで口座開設」を申し込んでください。

はい、たったこれだけです。

受付が完了した後にユーザーネームとログインパスワードが表示されます。SBI証券が「口座開設手続完了のご案内」を自宅に送るので、その書類が来るまで待ってください。

口座開設の申し込みをして1日から2日後あたりに「本人限定受取郵便」が届くので、その書類に必要事項を記載してからSBI証券に郵送し、3営業日経てば株式投資を始めることができます。

郵送回数はわずか1往復で、最短1週間で口座を開けるので「1週間待てば株式投資を始められる」のがメリットです。

オンラインで口座開設を申し込むのが難しければ、郵送で口座開設するのがお勧めです。

口座開設を申し込む際に「郵送で口座開設を選択」というボタンを押し、必要書類が届くまで待つのです。書類が届いた後は必要事項を記載し、申し込み書をSBI証券に返送してください。

そしたら口座番号とログインパスワードがSBI証券から送られるので、その書類を見ながら初回ログイン時に必要事項を書くのがお勧めです。

どちらの方法を選択しても口座を開設することは可能ですが、私は「オンラインで口座を開設する方法」を推奨します。できるだけ早く株式投資を始めたければオンラインで口座を開設した方が良いのです。

別に急いでいない人はどちらの方法を選択しても構いません。オンラインで口座を開設しても、郵送で口座を開設しても簡単に手続きが終了するので、好きな方を選択するのが良いと思います。

「口座開設方法がよく分からない!」という方はSBI証券のカスタマーサービスセンターに電話するのがお勧めです。

電話担当者が「口座開設方法」について優しく教えてくれるため、電話で口座開設方法を聞くのも良いでしょう。フリーダイヤルで電話することができるので、電話料金が無料なのも嬉しいです。

口座が開かれるまで待っている間、「自分の好きな株」を選定するのがお勧めです。特に買いたい株が決まっていない方は株式投資.jpで記載している「高ランク株」の情報を見てください。

株主優待目当てで株を買うのも良し、配当金狙いで株を買うのも良し、割安成長株を買っても良いのです。

自分の好きな投資先を選定し、実際に株を買うのはとても楽しいので気が向いたら口座を開設してください。


スポンサードリンク