株以外の金融商品を買うこともできる

LINEで送る
Pocket

SBI証券に口座を開設していると株以外の金融商品を購入することも可能です。

個人的にお勧めしている金融商品はやはり「株」になりますが、投資資金が潤沢な方は株以外の金融商品を購入してリスクを分散するのがお勧めです。


日本株というものは日経平均株価の影響を受けてしまい、資産価値が減ったり増えたりするのが常なので「株とは別の魅力のある金融商品を購入する」のはリスクを減らす上で役立ちます。

SBI証券では投資信託や債券、FXなどにチャレンジすることが可能です。

個人的にお勧めしたいのが債券です。債券は株と異なり日々資産価値が減ったり増えたりすることがないため、「安定収入」を求める方と相性が良いのです。

例えばニュージランドドル建社債は4.76%の利息収入を受け取ることができます。(税引前)

年に2回受け取れるため、「不労所得」を増やしたい方にぴったりです。外国社債は「為替が円安になれば為替利益を受け取ることができる」というメリットがあります。これから為替が円安に進むと考えている方は外国社債を購入し、為替利益と不労所得を得るのが賢明になります。

外国株を買っても為替利益を受け取ることができますが、外国株も「株価が日々変動する」のが常なので、株価の変動が嫌な人は社債や外貨を購入した方が良いのです。

「株が嫌いだから他の金融商品に投資したい」という方は株式投資.jpを見ていないと思いますが、株以外の金融商品に注目して投資先を選定するのは大変お勧めです。株には株の魅力があり、他の金融商品にはそれぞれ異なった魅力があるのです。

3000円程度の小資金から始めることのできる「カバードワラント」にも注目です。

SBI証券のeワラントは取引手数料が無料で、約2000銘柄に投資することが可能です。投資先がたくさん存在するので「自分好みの投資先を選べる」のが大きなメリットです。

朝9時から夜23時50分まで取引することができるので、忙しいサラリーマンにもお勧めです。

個人的な意見を述べると「株を主力資産に設定し、他の金融商品はバックアップ要員として活躍してもらう」のが良いです。株式投資だけに専念しても良いのです。

株もたくさん投資先が存在するので、投資先の数が足りなくて困るというのは早々ないと思います。

外国株、債券、先物・オプションなどを利用して「投資リスクを分散」すればあなたも一人前の投資家になることが可能です。

SBI証券に口座を開いている方や、SBI証券の口座開設に興味がある方は「株以外の金融商品も購入できる」という点を覚えておいてください。


スポンサードリンク