SBI証券の米国株式取引の長所

LINEで送る
Pocket

SBI証券に口座を開設すると米国株を購入することができます。


SBI証券は外国株投資に力を入れており、「米国株取引の手数料が安い」のが長所になります。

米国株式取引の場合、手数料は業界最低水準の1注文25米ドルとなっています。

(税込27米ドル、1000株まで)

更に米国の立会時間でリアルタイムに株取引を行なうことができます。

・米国立会時間:日本時間 23:30~6:00
・サマータイム:同 22:30~5:00

「昼間は日本株を売買し、夜は米国株を売買する」という24時間トレード戦略を実行することも可能です。

さすがに24時間株取引をしていると疲れるのでお勧めできませんが、買いたい日本株が見つからないときに米国株に投資するのは悪い手段ではありません。

リスク分散を行なう上でも役立つので、興味がある方は米国株投資も検討してみましょう。

日本語翻訳版で提供しているモーニングスター社の米国株レポートを読むこともできるので、「米国株に関する知識がない投資家は米国株レポートを通じて勉強する」のがお勧めです。

「ドル資産を増やしたい。ドルで配当金を受け取りたい」と考えている方は米国株投資を実行すべきです。

米国株で注目したいのはやはり「IT産業」でしょう。

米国では優秀なIT企業が続々と生まれており、IT先進国として活躍しているのが良いです。

ネット業界の王者であるグーグルの株を購入することもできるので、「これから発展が期待できるIT企業株」を狙うのに適しています。

勿論、IT業界以外の株でも魅力的な株は多々存在します。

ただ、個人的に伸びると思っているのは「IT業界」です。

最先端のテクノロジーを活用したIT企業株が欲しい人は、米国株をチェックしてください。


スポンサードリンク