SBI証券の中国株式取引制度

LINEで送る
Pocket

SBI証券は中国株取引に強いです。

私もSBI証券を通じて中国株を購入したことがありますが、中国株は配当利回りが高いです!


私は2012年に中国株を買ったことがあるのですが、そのとき買った株の配当利回りは14%でした。

配当利回りが10%を超えている株はしっかり探せば見つかるので、「高配当利回り株」が欲しいと思っている方は中国株投資をお勧めいたします。

 

SBI証券で中国株を売買する場合、手数料は現地取次手数料・現地諸費用も全て含めて、約定代金の0.26%(税込0.2808%)になります。

・最低手数料:47香港ドル(税込50.76香港ドル)

・上限手数料:470香港ドル(税込507.6香港ドル)

47香港ドルは現在の日本円レートで換算すると「618円」になります。日本株と大して変わらない取引手数料で中国株を購入することができるので、長期投資を行ないたい方や配当金を多く受け取りたい人は中国株投資を検討してください。

私が思うに、SBI証券の最大の魅力は「中国株式取引手数料の安さ」ではないかと思います。

SBI証券は他にも様々なサービスを提供していますが、ここまで中国株式取引の手数料が安いのは驚愕です。

日本人が気軽に中国株を買えるのが良く、これから発展が期待できる企業をしっかり吟味して中国株を長期保有するのがお勧めです。

 

中国株はデイトレードやスイングトレードを行なうのではなく、中期・長期投資を選択した方が良いです。配当金狙いの投資でも大きく儲けることができるので、日本株の配当利回りに物足りなさを覚えている方は中国株が適しています。

余談ですが、私が中国株を買ったときはその配当利回りの高さにびっくりしました。

日本株だとせいぜい配当利回り6%が上限なのにも関わらず、中国株は配当利回りが10%を超える株が存在するのですから……。

SBI証券は中国株向けの情報レポートも提供しているので、情報発信も充実しているのがポイントです。

 

中国の個別銘柄の業績推移も確認することができるので、日本株を分析することができる人は中国株投資を始めても問題ありません。

中国株の取引時間は以下のようになります。


・前場 日本時間 10:30~13:00(現地時間 9:30~12:00)
・後場 日本時間 14:00~17:00(現地時間 13:00~16:00)

あまり日本時間と変わりませんね。中国と日本は大して時差がないので、安心して中国株を取引することができます。

SBIサーチナ社が提供する情報が大きいです。

中国株の情報が入りにくい日本では「有益な情報を入手するのが難しい」のですが、SBI証券が提供する投資情報を参考にして中国株を分析すれば大きなリターンを得ることが可能です。

「香港ドルによる外貨決済」や、「日本円による円貨決済」を選ぶことができるので、この辺りは自分の好みで選択して構いません。

 

外貨決済を選択すると香港ドルで管理することが可能になるため、取引する度に為替手数料が発生することはないのです。

頻繁に取引したい人は外貨決済を選択するのが良いでしょう。

中国株に投資するのはリスク分散を徹底する上で役立ちますし、配当利回りが高い株が多いので「インカムゲインを大幅に増やせる」のが良いです。

香港ドルを増やしたり、不労所得で円資産を増やしたりしたいと思っている投資家は中国株取引を検討してください。


スポンサードリンク