サイト運営ビジネスは95%失敗する【アフィリエイト】

LINEで送る
Pocket

個人的に注目しているのは「サイト運営で利益を上げるアフィリエイトビジネス」です。

アフィリエイトで上場を達成した企業も存在しており、アフィリエイト市場が拡大している現状を加味すると「アフィリエイトビジネスは将来有望」であると分析しております。

アフィリエイトはとにかく利益率が高いです。

利益率が90%超えることも珍しくなく、在庫リスクも発生しないので大儲けすることが可能です。驚異的な利益率を維持できるのは、「在庫リスクが発生せず、広告料収入が得られる」というビジネスモデルを実践することができるからです。

しかし、アフィリエイトビジネスはかなり難易度が高いです。


上記の画像は日本アフィリエイト協議会が公表している2013年のアフィリエイトのデータになります。

URL http://www.japan-affiliate.org/news/survey201307/

画像を見るとよく分かるのですが、90%もの人間が月5000円以下の収入となっています。このデータは信頼性がないと主張する人もいらっしゃいますが、実際にサイト運営ビジネスを始めると「このデータが正しいことに気づきます。

サイト運営ビジネスは利益率が高く、維持費もほとんどかからないので本当に儲かります。

しかし、それは一部の人間に限った話であり、「多くの人々は月5000円の収入も稼げていない」のが現実になるのです。

「サイト運営ビジネスは上手くいけば儲かりますが、95%の確率で失敗しますよ」というのがアフィリエイトの真実になります。いくら儲かると言ってもこれだけ失敗率の高いビジネスは珍しいのではないでしょうか。

普通に考えて欲しいのですが、何の武器もスキルもない人間がサイトを運営してもほとんど人を集めることができません。

何の注目度もない自分がサイト運営を通じて利益を上げたければ、「情報」という価値をユーザー様に与えなければいけないのです。

情報発信ビジネスはかなり難易度が高いです。

皆が求める情報を発信できる人はかなり少数派になりますし、「専門知識」を活かしてサイトを運営しないと誰も評価してくれないのがアフィリエイトの現実になります。

私は「サイト運営ビジネスは儲からないから止めた方が良いですよ」という内容を主張したいわけではありません。むしろその逆で、「難しい分野で成功している会社に注目しましょう」ということを言いたいのです。

先ほど解説したとおり、アフィリエイトに成功して上場まで辿り着いた会社は確かに存在します。こういう会社は「サイト運営で儲けるためのノウハウ」を身につけているので、高い成長率が期待できるのです。

ヤフー (4689)もアフィリエイトビジネスを実践しています。ヤフージャパンというポータルサイトを運営しているヤフーは、自社サイトを通じて広告料収入を受け取っているのです。

アフィリエイトで高利益率を維持することができるのは当たり前です。

お金がかかる要素がほとんどないのですから、アフィリエイトを本業にしている会社は「高い利益率を武器に、高成長を維持することが可能」になるのです。

サイト運営ビジネスは勝ち組と負け組がハッキリわかれている業界です。

アフィリエイトで上場した企業は間違いなく「勝ち組」です。勝ち組企業はアフィリエイトで儲けるノウハウを得ているので、この先も新規サイトをオープンし続ければ利益額を高めることができるのです。

アフィリエイトを本業にしている企業に投資するのは「厳しい競争を乗り越えた勝ち組」の株を買っているのと同じなので、成長株投資を実行するチャンスだと思ってください。

何度も言いますが、アフィリエイトは利益を出すのが本当に難しいです。

しかし、1度利益を出す仕組みを築いてしまえば瞬く間に大成長を遂げることができるので、「継続すれば成功する可能性が高い」と思ってください。

95%失敗すると言われている中、アフィリエイトビジネスで上場企業が誕生するのは「市場の将来性が高い」からです。サイト運営ビジネスは非常に難易度が高いのが欠点ですが、成功すれば多大な利益を上げられる点に注目すべきです。

サイト運営で利益を得ている会社は以下の特徴があります。

・高利益体質を体質を築いている

・経費がほとんどかからないため、成長力が高い

・95%の人間が失敗しているのに対し、自分たちは成功している

・成功するためのノウハウを得ているから持続的発展が期待できる

このように、成長株投資で重要となる条件が全て揃っているのです。サイト運営を通じて広告料収入を受け取っている会社は「ストック型ビジネス」を実践しているので、持続的成長を成し遂げてるのも容易だと思ってください。

他社から仕事を受注するフロー型ビジネスは不景気になると業績が下がりやすいです。

しかし、資産を構築するストック型ビジネスは安定収入を得ることが可能になるため、「安定成長が期待できるビジネスモデル」であることを理解しなければいけません。

スマホ需要が拡大している今、インターネットビジネスはますます拡大していくでしょう。

競争の激化と「成功するのが難しい」という条件を揃えているサイト運営ビジネスですが、将来性は非常に高いのです。


スポンサードリンク