無名企業が優秀な人材を望むのは高望み

LINEで送る
Pocket

無名なブラック企業ほど「何でもできる優秀な人材」を求める傾向があります。


例えばベンチャーの立場に身を置いている企業が、「弊社はオールマイティーに活躍できる人材を求めています」と求人広告を出しているケースを見たことがないでしょうか?

オールマイティーとは、「なんでも完全にこなせる」という意味であり、どんな仕事を渡しても完ぺきにこなしてくれるのがオールマイティーに活躍できる人材の長所になります。

なぜ無名企業にこのような優秀な人材が加入してくれると思うのでしょうか。

本当にオールマイティーに活躍できるのであれば、名も知れない無名企業に就職する必要はないはずです。優秀な人材は大手企業も強く望んでいるので、本当に優秀な人はわざわざ無名企業を選ぶことはありません。

無名企業といっても将来性が物凄く高かったり、ビジネスモデルが秀でていたりしたら別です。

将来性を見抜ける優秀な人があえて無名企業で働くことはありますが、「陳腐なビジネスを行なっているただの無名企業」が優秀な人材を望むのは高望みです。

優秀な人を獲得する前に、企業の知名度を高めないとダメなんです。

誰も見向きもしない会社に優秀な人が加入してくれることはほとんどありません。

物凄く運が良くて無名企業に優秀な人が働いてくれたとしても、その会社に将来性がないと分かればとっとと辞めてしまうでしょう。実に賢明な選択です。ダメな会社に勤めるメリットは薄く、未来がないので辞めてしまって結構です。

本当に優秀なら就職先には困らないという現実を理解しなければいけません。

 

優秀な人は会社の選択肢が広いのですから、わざわざ無名企業に就職する必要はないのです。将来性のない無名企業が優秀な人材を求めるのは無謀に近く、少し現実が見えていないと感じます。

「そういうことを言うなら、ほとんどの企業が優秀な人材を獲得するのが無理だ」という反論もあると思います。

実際の話、企業によって「優秀」の定義は異なります。

例えば1000円カットをウリにしている床屋が人材を求める場合、「早く髪を切る人」が優秀ということになりますし、逆に高価格・高品質サービスをウリにしている美容室は「時間がかかっても良いから、お客様とコミュニケーションが取れて上手く髪が切れる人」を優秀だと評価します。

このように、企業によって優秀の定義は違うので「ある特定の分野では優秀な人物」を無名企業が獲得することは可能です。

 

ただ、無名企業がオールマイティーに活躍できる人材を求めるのは無謀ですよ、と言いたいのです。

そもそも本当に優秀な人材を取りたければ「企業側が努力をする必要」があるのです。

自社の良いところをアピールするのは当然ですが、それはどの会社も行なっているのでもっとインパクトの強いアピール術を心がけなくてはいけません。

手っ取り早いことを言うと、優秀な人が欲しければ「自社の知名度」を高めれば良いのです。

自社の知名度が低い状態で優秀な人材を獲得しようとするのが無謀です。

本当に優秀な人が訪れても無名企業だと理念が世間に広まっていないので、価値観のミスマッチで優秀な人材が辞めてしまうこともよくあります。せっかく優秀な人材を手に入れても有意義に活躍できる場を整えないと宝の持ち腐れなんです。

優秀な人に協力して欲しければ「とにかく自社名を世間に浸透させ、優れた企業であることをアピールする必要がある」のです。

無名企業の立場で優秀な人材を求めるのは「自分の立場を理解していない」と言い換えることができます。

優秀な人材が自社に入りたいと思う条件を提示しなければ、無名企業に優秀な人が入社するわけがありません。

「無名」という時点で会社としての魅力が薄いので、とにかく名を高める努力を怠らないで積極的に情報発信をすれば良いのです。

未上場企業であってもインターネットを通じて名を高めることは可能です。

自社の知名度向上に力を入れ、優秀な人材を獲得しようとしている会社は「現実を見据えた上で努力している」と判断することができるので、株を買う価値もあります。


スポンサードリンク