自分から信じてくれという人間をあなたは信用するか?

LINEで送る
Pocket

自分から「信じてくれ」と言う人間はあなたは信用しますか?

 

 

私は信用しません。

 

 

そもそも私は自分か信用してくれ」と言うこと自体が間違いだと思っており、世の中と人間を甘く見ているなと思います。

 

 

信用を築くのは本当に大変で、「長い間社会から評価される仕事やビジネスを継続しないと信頼は得られない」のが真実になります。

 

 

信頼なんて簡単に得られるものじゃないんですよ。

 

 

 

私は「信頼」の価値を物凄く重視しており、信頼がなくなったら終わりだと思っています。

 

1度失った信頼を取り戻すのは難しく、「信頼してください!」と述べたところで本当に信頼する人間が増えるのか、客観的に考えた方が良いと思っています。

 

 

 

 

俺は1度も他人に対して「信頼してくれ!」なんて言ったことないぜ?

 

 

 

 

恥ずかしいですよ。自分から「信頼してくれ」と言ってしまうのは。

 

大体自分から「信頼しろ!」と言っている時点で「多くの人から信頼されていない」という現実は自覚しているはずです。

 

 

それならば口だけ信頼しろと言うのではなく、「本当に信頼できる行動を取る」というのが普通の大人でしょう。

 

 

そりゃ、私だって「信頼してくれ!」の一言で信頼を得られるのであれば、いくらでも言ってあげますよ。毎回記事を書く毎に「岡本隆寛を信頼してください!」と文章の中に入れます。

 

 

でも、そんなことしてもただウザいだけなのでやりません。

 

 

大体私は別に万人から信頼されなくても良いと思っており、「信頼できるか否かはあなたが判断してくださいね」という姿勢を貫いている人間です。

 

 

 

それはそうでしょう。

 

 

 

信頼なんて人が押し付けるものじゃないんです。「人様が信頼できるか否か判断するもの」なんです。

 

 

だから「信頼してくれ!」と言う人間は本当に無駄なことをしているなぁと思います。

 

 

実績と行動が伴っていないと信頼を得ることはできないのに……。

 

 

 

逆に言えば「別に信頼しなくても良いよ」と言っている人間でも確かな結果を出し、多くの人から評価される行動を取り続けていれば人から信頼されちゃうんですよ。

 

 

あまり人を舐めない方が良い。

 

 

 

人様の目はとても厳しいです。悪いことをしたら色んなことからバッシングされますし、誠実ではない行動を取り続けていたら信頼を失っても当然でしょう。

 

 

信頼を失うというのは「自分の行動が悪かった」という意味になるため、自分の行動を振り返らないで「信頼しろ!」と言っている時点で論外なんですね。

 

 

 

自分自身を客観的に省みない人間に対し、私は信用することは絶対にありません。

 

 

 

口だけ良いことを述べるなんて、誰でもできるんですよ。

 

 

私だってできます。

 

 

 

この世は偽善者が本当に多いと思っており、本気で社会正義を実現したいと望んでいる私は偽善者の存在が鬱陶しくて仕方ないんですね。なぜなら「社会正義」という言葉を掲げると「こいつも胡散臭いな」と思われてしまうからです。

 

 

そのため、私は「信用してくれなくても結構。信じてくれる人だけ私を信頼すれば良い」という立場を貫いています。

 

 

そもそもこの世に偽善者が多いのは「表面だけ良くすれば自分の利益になる」と打算的に考えている人間が大半だからです。確かにその意見は間違っておらず、外面だけ良い顔をすれば一定数の人間が騙されてしまうのは確かな事実です。

 

 

だから詐欺はなくならないんですよ。

 

詐欺師は表面は非常に良いです。

 

誠実に振る舞っているように見えるパターンが多く、「あ、この人信頼できそうだな」と思わせるくらい外面を整えているのです。だから詐欺に引っかかる人間が後を絶たず、詐欺師は「人様を騙すために良いことを述べるケースが大半」だと思ってください。

 

 

株を長く保有したければ「誠実なビジネスを行っている会社」に投資するのがお勧めです。間違っても外面だけ良いことを述べる会社の株を買ってはいけません。


スポンサードリンク