ビジネスでブランディング戦略が重要になる3つの理由

LINEで送る
Pocket

ビジネスで重要になるのはブランディング戦略です。


ブランディング戦略とは、「自分や自社の知名度を高め、ブランド力をアップする」という戦略になります。要するにブランド力を高めて商品に新たな付加価値を加え、利益額を高めようとするのがブランディング戦略の目的になります。

では、ブランディング戦略を行ない、ブランディング戦略を成功させるとどのようなメリットが生じるのでしょうか?

1,ブランド力が高まると固定ファンが増える

ブランド力=リピーターの数と定義付けても問題ないくらい、ブランド力はリピーター確保に役立ちます。

リピーターという言葉を言い換えると「会社のファン」になりますが、人気獲得勝負であるビジネスの世界は「いかにファンの数を増やすかが未来を決める」と言っても過言ではありません。

例えば衣服。

衣服を選択するときにブランド力を重視するお客様は大変多いです。服の質を調べるのも重要ですが、「この服は大手メーカーの○○が作っているから、オシャレ」と考えさせるのがポイントです。

「オシャレ」というのはお客様の心理的な判断になりますが、企業の立場から考えたら「オシャレ」というのは付加価値をつけているのと同義なんです。

全く同じ服を販売していたとしても、ブランド力に長けた企業と無名ブランドを展開している企業では状況が圧倒的に違います。ブランド力が優れていると「固定ファン」を多く獲得している状態になるため、新商品を販売しても売れやすいのです。

ファンが会社の商品を喜んで買ってくれますから。

「会社のブランド力が高いから、固定ファンがつく」という事実を理解しなければいけません。ブランディング戦略を実行して会社の価値を高め、商品に付加価値を加えるのは利益額を高めるために重要となるのです。

2,ブランドが付加価値を生み出す

ビジネスの基本原則として覚えていけないのが、「ブランドが付加価値を生み出す」という基本概念です。

「ブランドなんかどうでも良い! 商品の質が高ければ物は売れるんだ!」という考え方は時代遅れです。

いくら商品の質が高くてもお客様が気づかなければ自社商品は売れません。口コミ戦略を通して着実にファンを増やす手段も存在しますが、できるだけ早くビジネスを拡大したければ、「ブランド化」に成功する必要があります。

お客様はブランドを重視しています。

どの業界でも同じことが言えますが、ブランド力に優れた企業と無名企業では「信用力」が段違いなんです。

起業して全く仕事が受注できず、途方に暮れてしまう人が多いのは「ブランドの重要性」を理解していないからです。

何の知名度もない無名企業が簡単に受注を獲得できるほど世の中は甘くありません。

しかし、ブランディング戦略に成功していれば「ブランド」が商品に付加価値を与え、適正な利益を得ることが可能になります。仕事の受注も捗ります。

利益額を高めたければブランド力を高め、お客様や取引先企業に「ブランド」という価値を提供する必要があるのです。

3,お客様はブランドを重視している

これは普遍真理になりますが、お客様はブランドを求めています。これは紛れもない事実です。

普段使う食品やタバスコにブランド力を求める人は少ないかもしれません。業種によっては「ブランドより価格」が重要になることがありますが、お客様に高いお金を支払って貰う場合大切なのは価格よりブランドです。

例えば車。


あなたは無名企業が製造した車を欲しいと思いますか? 私は全く欲しいと思いません。私は車の知識に乏しいのですが、車の知識に精通していないからこそ「ブランド」を重視します。

ほとんどのお客様が車に詳しいわけではなく、車好きの一部のマニアに評価されても大きな利益を得るのは難しくなります。

トヨタ、ホンダはブランディング戦略に成功している企業です。

「これはトヨタが製造した自動車ですよ」と言われると、何となく安心感を抱きませんか?

「あ、トヨタ車だったら基本性能は大丈夫だな」と考える人がほとんどです。これは「トヨタ」というブランドを理解し、価値を見出しているからです。

実際に車の性能を推し量ることはできなくても、「会社名」に圧倒的なブランド力が存在していればお客様に信頼して貰えることが可能になります。

ブランディング戦略に成功していると営業社員の「セールストーク」もやりやすくなります。

「ウチの車は多くの人が乗っていますが、逆に言えばそれは多くの人が信頼している証拠なんです」と言えばお客様に「安心感」を与えることが可能になります。

逆に無名企業が車を売り込もうとしても苦戦する場合がほとんどです。

車の性能に熟知している人は別ですが、「ブランド」で物事を判断するお客様に対して性能を語っても効果的ではありません。

「ブランド力が脆弱」というのはビジネスにおいてかなり不利です。

株式投資で安定した利益を得たければ、特定の分野でブランディング戦略に成功している会社の株を買ってください。ブランドを築き上げるのは大変ですが、1度強固なブランドを築くと優位な立場を保つことが可能になります。


スポンサードリンク