カリスマ経営を実現している会社の強みとは?

LINEで送る
Pocket

上場企業の中には「カリスマ経営者」が会社を引っ張っているケースも少なくありません。

なぜカリスマ経営を実現することができるのでしょうか? 私が独自分析したカリスマ経営を実現するためのコツと強みを解説させていただきます。

【カリスマ経営を実現する条件】

1,ビジョンを明確に語れる経営者であること

カリスマとして組織を率いたければ自分の描いたビジョンを堂々と語るのが重要になります。

例えば平成の坂本龍馬と呼ばれる孫正義氏は2人のアルバイトに向かって、こう語りました。

「10年で年商500億円の会社にする!」


孫正義氏の言葉を聞いたアルバイトは「この人の法螺話にはついていけない」と思って辞めてしまいましたが、孫正義氏のように堂々と自分のビジョンを語るのがカリスマ経営には不可欠です。

ワタミの元代表取締役社長の渡邉美樹氏もカリスマ力が凄まじい経営者でした。

渡邉氏は「お客様にありがとうと言って貰える居酒屋を作る」というビジョンをしっかり語り、理想実現に向けて努力を続けた優秀な経営者です。

今も渡邉氏はカリスマ的な人気を保持していますが、渡邉氏があそこまで人気があるのは「自分の理想や考えを堂々と語れる」からです。

カリスマ力に秀でている社長は壮大なビジョンを語り、社員を鼓舞することができます。

理想実現に向かって努力し続けることができるから、人はカリスマ性を発揮することができるのです。

2,社員を奮い立たせる能力に長けている

カリスマ経営者は社員を引っ張ることが得意です。物理的に社員を引っ張るのではなく言葉や文章を通じて社員を奮い立たせ、モチベーションを高めて社内の活気を作り出すことが可能です。

どんな危機が訪れても打開策を提示することができ、「この人の言うことを聞けば大丈夫だ!」と、社員に安心感を与える社長がカリスマ経営者です。

カリスマ経営を実現したければ結果を出すことも重要になりますが、「有限実行」を成し遂げて多くの人の心を惹きつける必要があるのです。

社員から信頼を得られる社長は「活気を作り出すのが上手」です。

明確な目標を設定し、自分の描いたビジョンを達成するために獅子奮迅の努力を怠らないからカリスマ力が身につくのです。

3,ネガティブなことを言わない

カリスマ経営者はネガティブなことを言いません。

孫正義、渡邉美樹、ホリエモンなどはカリスマ経営者の代表格ですが、この3人は社長在任中にネガティブなことをほとんど言った経験がないのです。

常に前を向いて物事を考え、未来を見据えて行動を続けているから多くの人を惹きつけることができます。

もし、ネガティブなことばかり口にしている経営者だったらどうでしょうか?

多くの人が「あ、この人は頼りにならないな」と感じます。頼りにならないと思われてしまうと自身の魅力も低下するため、できるだけポジティブな発言を心がけて周囲の人々を引っ張る必要があります。

「リーダーシップに優れている経営者」が話題になることがありますが、リーダーシップに秀でている社長はポジティブな発言が多いです。多くの人々を安心させ、困難を乗り越える戦略を提示できるから社員はカリスマ経営者を慕って業務に取り組むことができるのです。

たまに口だけ良いことを言って結果を全然出していない経営者を見かけますが、こういう経営者はカリスマ社長ではありません。

カリスマと呼ばれたければ「他者を凌駕する結果」を出さなければいけないのです。

サッカーの本田圭佑選手もカリスマと言われていますが、彼は「自分の夢を堂々と語り、結果を出している」からカリスマだと言われるのです。結果を出せない人間がいくら大層なことを語っても誰も相手にしません。

カリスマ経営を実現している会社に投資するのは良策です。

社内に活気が溢れている可能性が高く、社員のモチベーションが高いので「成長株投資」に向いてるのです。

そもそも会社の業績のほとんどは社長で決まると言われており、社長に能力がなければ持続的発展を成し遂げるのは難しくなります。カリスマと呼ばれる社長が率いている会社に投資するのは「成長株投資」を実行するために重要な条件になります。

また、カリスマ経営を実現している会社は困難を打破する能力に長けています。

多少苦境が訪れても動じず、良い結果を出すことができるからカリスマと呼ばれるのです。

成長株が欲しければ「社長のカリスマ性」に注目してください。そもそも人望がない社長は優秀な人材を手に入れるのが難しくなるので、カリスマ性がない社長は会社を大きくする難易度が高いと思ってください。

ちなみに、カリスマがある人ほど叩かれます。

カリスマ性を発揮している社長ほどアンチが多いので、「叩かれている人ほどカリスマ力が強い」と考えるのがお勧めです。多くの人から叩かれ、熱狂的なファンをたくさん抱えている社長がカリスマ経営者です。


スポンサードリンク