専門的なビジネスが最強である理由

LINEで送る
Pocket

「株式投資で儲けたい!」と考えている方は専門的なビジネスを展開している会社を狙った方が良いです。

はっきり言いますが、専門的なビジネスは最強です。


高度な専門知識が必要なビジネスほど参入障壁が高く、ライバルが登場しにくいので高利益を維持することが可能になります。

自分が行なっているビジネスの競争が激化すると、大抵の場合「価格競争」が起こって利益率が低下します。

利益率が低下すると適正な利益を出すのも難しくなり、「高利益率」を維持することが不可能になります。ビジネスを成功に導きたければ高利益率を保つのが必須になるため、できるだけ参入障壁が高いビジネスを選択しなければいけません。

私は株式投資というジャンルで勝負している人間ですが、株式投資は参入障壁が高いです。

「いやいや、そんなことはないだろ。株式投資のサイトはたくさんあるし、どこが参入障壁が高いんだ?」と疑問を抱く人もいらっしゃると思います。

確かに株式投資について語るのは容易ですが、「株式投資で負けない方法」や「株式投資で高勝率を維持する具体的な戦略」を語れるサイトは多く存在するでしょうか?

株式投資の世界は結果が全てです。

結果が全ての物事を決めるので、結果を出す投資家が1番偉いのです。しかし、現状を分析すると9割の個人投資家が負けている状態であり、「株式投資に参加している9割の個人投資家が株式投資で勝つ方法を語ることができない」のです。

しかし、私は違います。

実際に自分で結果を出しつつ、株式投資で勝つ方法を具体的に述べることができるから「サイト運営の差別化」に成功しているのです。株式投資について検索する人のニーズは決まっており、皆「自分が儲けること」を意識しているのです。

ユーザー様のニーズを満たすために「株式投資で儲ける方法」を解説しているのですが、果たしてどれほどの人間が株式投資で勝つ戦略を具体的に述べることができるでしょうか?

実績と理論が伴っている投資家がどれほど存在しているでしょうか?

良いですか、専門的なビジネスは最強なんです。

【なぜ専門ビジネスが最強なのか?】

先ほども具体例を述べましたが、専門的なビジネスは参入障壁が高いのです。参入障壁が高いからライバルが進出しにくく、高利益を維持することができるから持続的発展を成し遂げるのも容易です。

「資本主義社会で勝ち組になりたければ専門家になれ!」という持論を抱いている私ですが、ビジネス成功の黄金法則に「専門的なビジネスにチャレンジすること」が挙げられます。

「専門的な分野で利益を出している会社」は自社の強みが確立されている状態なので、優良株として評価することが可能です。

日本一、いや、世界一の独自技術を保持していれば競争力という面で圧倒的な優位性を保つことができるので、長年黒字経営を続けることも可能になります。

「誰でもできるビジネス」はその名の通り、誰でも参入することが可能になるため、必ず競争の激化が発生します。競争率が高まると安売り合戦が勃発し、利益を上げるのが難しくなるので「できるだけチャレンジするのが難しい分野」に参入するのが得策になります。

そうは言っても「自分には専門的なスキルがない」と考えている人が大半でしょう。

ビジネスを起こす気がなければ、株式投資で儲ければ良いのです。

専門分野で利益を上げている会社に注目し、業績を分析しつつ株を売買すれば短期売買でも中期投資でも儲けることが可能な戦略を確立することが可能になります。

専門技術を保有している会社は本当に強いです。

専門的なビジネスで結果を出している会社はとても貴重なので、そういう会社に投資して利益を得るのは上策です。


スポンサードリンク