無料なのに儲かるビジネスの強みとは!?

LINEで送る
Pocket

私が思うに、今後伸びる会社は「無料なのに儲かるビジネスモデル」を築いている企業だと思っています。


無料なのに儲かる!?

意味が分からない人も多いと思いますが、株式投資で儲けるために重要となる情報なので詳しく解説させていただきます。

「お金を受け取って利益を得る」のが一般的なビジネスになっていますが、その思考は古いことを意識しなければいけません。

物を取り扱ったり、商品を生産したりするビジネスは「在庫リスク」が発生するので物を売らなければお話になりません。生産するときもコストがかかりますし、物は置いておくだけでも維持費が発生します。

しかし、無料で儲かるビジネスは違います。

無料ビジネスで儲けている有名企業はグリー (3632)です。グリーは基本無料の携帯向けゲーム『GREE』を運営している会社で、グリーが躍進した理由は「基本無料」というビジネスモデルを実行したからです。

ゲーム自体は無料なのですが、課金アイテムを販売して利益を得ているのがポイントです。

課金アイテムを使用すると効率良くゲームを進めることができるため、「ゲームにハマっている人ほど課金アイテムを欲しがる」という流れを作り出すことができます。

これが無料で儲けるポイントです。

いくら無料と謳われているゲームでも、課金要素を作り出せば「ゲームに熱中している人から利益を得る仕組み」を生み出すことができるのです。

最初は会員数を増やすためにゲームを無料で公開し、ゲーム内で課金アイテムを作り出すことによって利益を得るのが無料ビジネスの強みです。

無料ビジネスの注目ポイントは人を集めやすいことです

私は無料ビジネスの強さを目の当たりにしたことがあります。

私が高校生の頃、サーティーワンは「無料でアイスを配布する」というイベントを行なったことがあったのです。そのサーティワン店舗は普段、人があまり集まらないのですが「無料」に釣られた人々が行列を作ってアイスを求めていました。

1時間半待たないとアイスが貰えない状況を見て愕然としました。

「400円出せばアイスを買えるのに、人間は1時間半も待つことができるのか……。ここで並んでいる人たちは、400円のアイスを買うお金ぐらいあるだろうに」

長い行列を作ったのは「無料」という魅力に惹きつけられていたからです。人間、特に日本人は無料ニーズを積極的に追い求めており、無料であれば人を集めやすいという真実に気づいたのです。

しかし、サーティーワンは無料戦略を維持するのが不可能です。


サーティーワンはアイスを販売して利益を得ている会社なので、「アイスを売らないと利益が出ない」のです。つまり、アイスを無料で配布している時点で赤字であり、宣伝効果が発揮できても利益を上げられないのが難点です。

しかし、グリーのように「無料で遊べる土台」を作ってゲーム内で課金させる仕組みを築けば、東証1部上場を果たすくらい大きな会社を創り上げることができるのです。

「人を集めたければ無料戦略を実行すれば良い、人が集まったらマネタイズを実行すれば良い」というのが、私の掲げる優れたビジネスモデルです。

実際に私は株情報を無料であなたに向けて発信していますが、これは「無料で人を集め、多くの人の役に立つ」という目的があるからです。この戦略は現在大成功を収めており、1ヶ月で約1万5000人もの訪問者を招くサイトを作り上げることができました。

現在も持続的発展を遂げている最中です。

もし、これが課金形式の情報発信サイトだったらどうなるでしょうか?

元々、岡本隆寛という名前は知名度が全くありません。知名度がないから自分のブランドも確立されていない状態です。「岡本隆寛は信頼できる」とユーザー様に思って頂くためには、優れた情報を継続的に発信してユーザー様の信頼を得る必要があります。

そこで重要となるのは無料戦略です。

私は有料級の優れた情報を惜しげもなく発信してサイト運営を続けています。

「他のサイトでは得られない情報(1次情報)」に徹底的にこだわり、ユーザー様に情報という利益を与えればサイトは継続発展を成し遂げることが可能になります。

「無料だと利益が得られない」と考えている人も多いのですが、無料での情報発信で利益を得る算段はついているので大丈夫です。

ここで注目して欲しいのは「無料ニーズは根強い」という事実です。

人を多く集めるのがビジネス成功の原則になりますが、「無料」という最大の武器を活用してビジネス展開を図れば大成功を収めることができるのです。

今、1番優れたビジネスモデルは「無料で利益を得る戦略」を採用している会社です。

無料戦略を実施して利益を得ている会社は「人を集める能力」に長けているので、将来性が高いと思ってください。ビジネスは人を集めないと話にならないので、多くの企業が「人集め」に力を注いでいます。

大企業が広告宣伝費にかなりの額を注ぎ込んでいる事実を理解しなければいけません。

無料で人を集めるのは最良のビジネス戦略になります。無料でも利益を出し、多くの人々に感謝されるビジネスモデルを築いている会社が今後も伸びる成長株です。

成長株投資で儲けたい人は「無料戦略」の強みを理解している会社に投資してください。


スポンサードリンク