グリーがいう「任天堂の倒し方」とは結局何だったのか?

LINEで送る
Pocket

ほんと、何だったのでしょうか……。

グリーは以前、「任天堂の倒し方を知ってる」と述べたことがあります。

大企業である任天堂に対し、明確な「敵対宣言」を公表したことによって注目を集めたグリーでしたが、現在は業績が低迷している様子。

ソーシャルゲームを多数開発しているグリーは、大型ソーシャルブランドである「城姫クエスト」をリリースしました。


(城姫クエストのキャラである盛岡城)

引用 wiki.xdsrv.net

城姫クエストの躍進がグリーの今後の運命を左右すると予測している人が多いのですが、グリーは他にも事業を行なって経営を立て直したいと望んでいます。

「グリーユナイテッドライフ」という子会社を設立したグリーは、ソーシャルゲーム開発会社の立場でありながら、リフォーム事業に参入したのです!

ソース http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK25021_V20C14A7000000/

 

うーん……。

 

誤解を招かないように言っておきますが、私は多角経営は悪いと思っていません。利益を分散するために多角経営を実施し、1つの事業に依存しないというのは良策だと思っています。

ただ、グリーという会社は持続的成長を遂げておらず、利益自体も減少しているので「多角経営を行なうのは現状を挽回するための苦肉の策」であると分析しているのが現在の私です。

普通、経営状態が悪化したときに取るべき最善の行動は、「自社の主力ビジネスで巻き返しを図ること」です。

グリーの場合ソーシャルゲーム開発という強みを保持しているので、「この強みを活かして経営資源を本業に集中し、良質なソーシャルゲームを開発する」のが最善策だと思っています。

多角経営というものは「本業が上手くいっている企業が新たな収入源を模索するために始める」というのは良いのですが、「本業が低迷している会社が多角経営に乗り出す」というのは少しネガティブな目で見なければいけません。

「ああ、本業で勝てる自信がないから他事業に参入したのかな?」と捉えられてしまいます。

あと、個人的な意見を述べると「任天堂の倒し方を知ってる」と述べたのは愚策だと思っています。

そもそもゲーム業界というものは「他社を倒す」という意識を抱いちゃいけないと思っています。

倒す倒さないに関係なく、1番意識しなければいけないのが「ゲームを遊ぶユーザー」と向き合うことであり、良質なゲームを配信していくのが1番良いのです。

ゲームユーザーからすれば企業間の争いはどうでも良いのです。

良いゲームを出し、その結果として「任天堂の売上高を上回る」という話だったらまだ理解できるのですが、任天堂の倒し方は本当に何だったのでしょうか?

未だに謎です。

いつ倒してくれるのか注目していますが、未だに任天堂は倒されていません。

時価総額1兆6794億円。自己資本比率は85.6%。有利子負債はゼロの超ド級企業である任天堂を倒す方法とは何でしょうか……。

任天堂のように財務状態が非常に秀でている会社は、一時期利益が低迷しても復活する可能性は高いのです。

任天堂は多くのユーザーが愛す「自社キャラクター」を数多く保持していますし、キャラのブランド力を活かした質の高いゲームを販売し続ければこの先の栄光も期待できます。

グリーはキャラブランドという意味で任天堂に負けています。

私流の「任天堂の倒し方」を述べるのであれば、グリーは任天堂に負けないキャラクターを生み出すのが最善策です。

任天堂はマリオ、ルイージ、クッパといった全世界で知名度を轟かせている自社キャラを活用してゲームを制作しているのが強みですが、グリーは「キャラの知名度」という点で任天堂に負けています。

ただ、グリーも現状を挽回する意識は強く、『城姫クエスト』というソーシャルゲームをリリースしてキャラクタービジネスで一旗揚げようと躍起になっています。

ただ、城姫クエストは『城これ』という強大なライバルが存在するため、任天堂を倒す前にまず、城これに打ち勝たなければいけません。

城の擬人化ソーシャルゲームは城姫クエストと城これの一騎打ちになるでしょう。

城姫クエストVS城これ


城姫クエスト(引用 wiki.xdsrv.net)

VS

城これ


引用 kaneyama6.blog.so-net.ne.jp

この大決戦で勝利を得た企業は、「知名度の高いキャラクタービジネス」を展開できるのが魅力です。

具体的に言ってしまえば地方のご当地に「城を擬人化したキャラクターグッズ」を売りだして版権収入を得たり、ライトノベルやアニメ化などを成し遂げて様々な分野を通じて利益を上げたりすることが可能です。

城姫クエストは今後のグリーの経営を左右する重大タイトルです。

城姫クエストが大ヒットすれば、グリーは「自社キャラクター」という新たな武器を手にすることができ、「多角的に利益が上げられるキャラクタービジネス」を展開することができるのです。

幸いにも城姫クエストのキャラクターグラフィックの質は大変高く、グリー自体も財務状態が秀でているので挽回できるチャンスは山ほどあります。

任天堂の倒し方を理論的に実現するのであれば、グリーは「自社ゲームをヒットさせ、任天堂に負けないキャラクター力」を養うのが最善であると思うのです。


スポンサードリンク