個人投資家の強みを理解しよう!

LINEで送る
Pocket

個人で株取引を行っている方は個人投資家に分類されますが、実は個人投資家には機関投資家や外国人投資家にはない優れた強みがあるのです。



それは自分の判断で株を取引することができるという点です! これは当たり前のように思われるかもしれませんが、実はとても重要なことなのです。

一般的に機関投資家は短い期間で利益を出さなければいけないため、自分の好きな株に投資してずっと保有することはできません。短い期間で最大のリターンを出すように努める。これが機関投資家の仕事になるので、個人投資家とは全く異なる存在であると言えるのです。

世の中には弱者と強者が存在します。強者である機関投資家に勝利するためにはどうしたらいいでしょうか?

その答えは簡単です。資本力で劣っているのであれば、方法は一つしかありません。長期投資に徹して、個人投資家だからできる長期投資のリターンを狙っていけばいいのです!

はっきり言ってしまうと長期投資はとても勝ちやすい投資方法の1つに分類されます。勝ちに徹したい方にお勧めの投資方法となりますが、これは個人投資家だから積極的に行うことのできる戦略になるでしょう。個人投資家の一番の強みは、会社からの圧力がないことです。

もし、ノルマが設定されていたら長期的視野で株を保有し続けることはできるでしょうか?

答えはNOです。ノルマがあるとノルマを達成するための方法に手を出す必要があるため、短期売買で勝つしかありません。短期売買は短期間でお金を儲けることができるメリットがありますが、短期間でお金を失ってしまうリスクもあるのです。

多くの個人投資家はこう考えます。「できるだけリスクを避けて株式投資に勝ちたい」と。

リスクを避けるのは決して悪いことではありません。個人投資家の強みを理解できる人は、長期投資という戦略を採用して勝ち続けることが可能になります。同じ土台に立っても勝てなければ、勝てる方法を選べば良いのです。

安全に勝つための方法として、長期投資はとても有効です。個人投資家というメリットを活かして、株式投資で儲け続けていきましょう。

 


スポンサードリンク