株式投資は利益率が高いから儲かる

LINEで送る
Pocket

株式投資は驚くほど利益率が高いです。

経営者の視点で考えてほしいのですが、利益率というのはとても重要です。利益率が高ければ高いほど儲けやすいと考えてください。利益率の低いビジネスで成功を収めるのは難しいのです。

嗚呼とちらのはどはのしとせの
株式投資が物凄く儲かるのは、「利益率が高い」というのが大きな理由になるでしょう。例え100万円の売り上げを上げても、利益率が5%しかなければ5万円の利益にしかなりません。

株式投資は経費がかからないのが特徴になります。通常のビジネスでは人件費や書類作成費などの経費がかかりますが、株式投資はそのような経費は一切必要ありません。

2014年1月から株の配当金や売却益の税金がアップするので、株の税率は20.315%になります。しかし、先ほども述べたとおり株式投資に経費はほとんどかからないので、税金分を差し引いても利益率は70%を超えるのです。

株の売買手数料を加味しても、利益率が70%超えることは珍しくありません。また、配当金の収入を目的とする場合、株の売買手数料を気にする必要は無いので利益率は75%を上回ります。

70%以上の利益率です!

これがどれだけ凄いことか、いまいちピンと来ない方もいらっしゃると思うので、上場企業の平均利益率のデータを参考にしてみましょう。

2011年上半期のデータによると、上場企業全体の利益率は4.6%という報告があります。ちなみに、上場企業の中で利益率の高い会社はヤフーです。ヤフーは利益率が54%のため、効率良くお金を儲けるシステムが築かれていることに気づきます。

しかし、2011年に1番利益率の高かったヤフーは54%です。

株式投資は70%以上の利益率です。

株式投資の利益率の高さがどれほど凄いか納得していただけたでしょうか? 多くの企業は5%にも満たない利益率でビジネスをしているのです。在庫コストがかかるビジネスや人件費が多く必要になるビジネスは、必然的に利益率が低くなります。

株式投資の利益率が高いのはなぜでしょうか?

1,自分だけでお金を稼ぐことができる

自分だけでお金を稼ぐことができるのは大きな利点になります。株で儲けるために社員を雇う必要はありません。全て自分の裁量で利益をコントロールすることができるので、人員を必要としないのが大きなメリットになります。

大抵のビジネスは人件費が大きな負担になるので、人件費が必要無いビジネスほど利益率を高くすることができるのです。株式投資は人件費を必要としないので、高い利益率を維持することが可能です。

2,物を扱わないため、在庫負担がゼロ

株券は電子化されており、全てネットのオンライン口座で株を管理することができます。以前は株券をどこかに保管しておく必要があったのですが、今はそのような手間から解放されています。

物を扱う商売は在庫リスクがつきものです。在庫を保管する場所の維持費や、土地代など、在庫がある商売は儲けるのが難しいのです。

規模が大きくなればなるほど在庫による支出負担が増大します。これが利益率を低下させる原因になっているのですが、株式投資は物を扱わないため在庫負担がゼロです。

1人で管理することができ、在庫負担も無い。これが株式投資の利益率を高めている主な理由になるでしょう。

株式投資で生じた利益のほとんどは自分のお金として利用することが可能です。利益率が高いという特徴を活かして、株式投資で多くのお金を儲けていきましょう!


スポンサードリンク