大手出版会社の新潮社がメイド喫茶商法を始める

LINEで送る
Pocket

新潮社(しんちょうしゃ)と言えば文芸書の大手として知られている出版社ですが、大手出版社が提供する「山の上のホテル執筆プラン」が話題になっています。

山の上のホテル執筆プラン


1泊あたりの利用料金は1人で2万4000円となっており、このプランに参加すれば「ご希望により、ご滞在中、編集者が定期的にお部屋をお訪ねし、執筆・校正に関する打合せやご質問などを承るサービス」を受けることが可能です。

作家になる道は本当に難しく、作家になりたければ新人賞に入賞して商業出版を目指すのが王道パターンです。

自分自身が有名になったり大きな成果を上げる研究者や経営者になったりすれば本の出版も可能ですが、それができる人は非常に少ないのです。

そのため、お金さえ払えば自分の本を出版できる「自費出版」というビジネスモデルは今も昔も非常に需要があるビジネスであり、お客様のニーズを満たしていると捉えることができます。

自費出版は「自費出版するお客様」さえ存在すれば確実に利益が出せるビジネスになるため、出版社にとっては非常に都合が良いのです。

中には自費出版オンリーのビジネスを行っている出版社も存在するのですが、それはもはや出版社と言えるのかが疑問です。自費出版で本が売れることはほとんどなく、出版社側も本を売る熱意もあまりないからです。素人原稿でも絶賛するのが自費出版業界の通説になります。

そのため、今回新潮社が打ち出した「山の上のホテル執筆プラン」は非常に上手いサービスだと分析することができます。

まず、編集者が定期的に打ち合わせしてくれたり、校正に対する相談に乗ってくれるのが良い。自費出版することによって作家気分を味わいたいと望む人も少なくないでしょう。そういう人の需要に応えて「本物の編集者がアドバイスをしてくれる」のです。

しかし、そのアドバイスも甘々なものでしょう。

何度も言うとおり、自費出版は出版するだけで出版社が儲かるビジネスモデルになっています。そのため、本が売れる売れないは正直どうでも良く、いかに出版まで持ち込むかがカギとなるビジネスです。

そもそも素人が書いた本を売ってもほとんどの確率で売れないことは予測できるため、売れることは全然期待していないのです。

商業出版だと本が売れなければ出版社は赤字で、担当編集者の立場も悪くなってしまうので本気で作品作りにとりかかる必要があります。要は出版に対する目的意識が違うのです。

しかし、自費出版をしてくれた人は「お客様」ですから、どんな原稿でも絶賛するのがセオリーになります。恐らく、打ち合わせと言っても自費出版を決断したお客様の気分を良くするための打ち合わせ内容に過ぎないでしょう。

これ、まんまメイド喫茶商法と同じなんですよ。

メイドは外国で存在していますが、日本ではアニメでメイドが流行ったことにより「メイド需要」が高まりました。それで誕生したのがメイド喫茶であり、メイドさんに囲まれてお茶を飲んだりメイドさんと話したりすることができるメイド喫茶はキャバクラと変わらないのです。

自費出版もメイド喫茶も「雰囲気と気分を楽しむ」という意味で共通しています。

ビジネスはお客様の需要を掴み、お客様が本当に望んでいるものを提供しなければダメなのです。そのため、新潮社が提供する「大物作家の気分になれる執筆プラン」は、ビジネスとして分析すると非常に優れています。

メイド喫茶だってメイドさんにイチャイチャされたいという需要を満たしているから、あんなに流行るのです。最近ではツンデレ喫茶だの、アンドロイド喫茶だの色々なパターンが増えていますが、本質は変わりません。「お客様が望んでいる物を提供し、気分を良くするだけ」です。

自費出版はお客様の気分を良くしてなんぼの商売であるため、「気分を良くするためのサービス」に特化した自費出版商法を行っている新潮社は非常に優秀な会社だと評価することができます。


スポンサードリンク