「ベンチャーだから優秀な人が来ない」というのは甘え

LINEで送る
Pocket

「ウチはベンチャー企業だから優秀な人材が来ないんだよねー」と述べる経営者は沢山いらっしゃいます。


はっきり言わせてください。

それはただの甘えであると。

ベンチャー企業でも優秀な人材を確保している会社は存在します。そもそも「ベンチャーだから優秀な人が来ない」という理論自体がおかしいのです。ベンチャーでもビジネスモデルが魅力的だったり、社長自身の人間的魅力が長けていたりすれば優秀な人は集まります。

 

矛盾したことを言いますが、普通のベンチャー企業に優秀な人なんかほとんど来ないですよ。

良いですか、あくまでも「普通のベンチャー」の話です。普通じゃないベンチャー企業だったら優秀な人は来るのです。

では、普通ではないベンチャー企業とは何なのでしょうか?

普通のベンチャー企業は大抵受託業務を行なって利益を出しています。他社から仕事を受け取り、外注作業を通じて商品を納品し、利益を得るシステムを築いているベンチャー企業がほとんどです。

受託業務を行なうのが悪いというわけではありませんが、このビジネスモデルは魅力を感じますか?

優秀な人材は「自分の力を発揮できる場所」を求めます。

しかし、「受託業務が中心となっているベンチャー企業」に就職しても自分の力を最大限に発揮することはできません。これはやりがいの問題です。

優れた自社サービスを提供し、「大きなことを成し遂げようとしているベンチャー」には優秀な人は集まります。

給料が低くても優秀な人が協力してくれます。

それは会社そのものに将来性を感じるからです。

「受託ビジネス1本の会社」に将来性を感じる人はほとんどいないでしょう。

本当に優れた技術力があり、多くの人のニーズを満たす自信があるのであれば自社サービス提供に特化すれば良いからです。

ゲーム会社だったら他社から仕事を外注してゲームを制作するのではなく、「全て自前でゲームを制作して世に公表し、大ヒット作を出せば良い」のです。

それができないから大半のベンチャー企業は受託ビジネスが中心になっているのであって、そんなビジネスモデルを築いている会社に「優秀な人」が来ることはほとんどありません。

しかし、「自社サービスが将来有望で、大発展する可能性がある場合」だとどうでしょうか?

将来有望な自社サービスとは、多くの人の役に立つサービスです。

人々のためになるサービスを提供するのは「社会貢献を成し遂げる」という大義であり、優秀な人材はやりがいを重視するので大義を評価して協力を申し出てくれます。

優秀な人材の大半は、「斬新的なサービスを提供することができる! 大きなことを成し遂げる可能性がある!」と評価できる会社に協力したいと考えます。

大望を見据えている会社に勤めれば、自分の実力を最大限に発揮することができるからです。

クックパッド(2193)が良い例です。


クックパッドは料理レシピ専門サイトを運営している東証1部企業ですが、最初は全く儲からず社員も3人しかいませんでした。

社員は月給5万円しか受け取れず、自社サイトの強化に努めていたのですが、クックパッドが東証1部上場企業に成長することができたのは「大義」を抱いていたからです。

クックパッドは創業時から「毎日の食事を楽しみにする」という大義を掲げていました。

人々に対して「料理」の魅力を提供したいと考え、多くの人々に役立つサービスを提供したいという大義を抱き続けていたから大発展を遂げることができたのです。

 

クックパッドのように「世界中の人々の役に立つサービス」を提供しようとしているベンチャー企業は優秀な人が集います。

しかし、「未来も小さなビジネスモデル、未来も将来性が期待できない会社」に優秀な人材が好き好んで来てくれるでしょうか?

普通に考えてありえないです。

「ベンチャーだから優秀な人が来ない」と言うのは、その会社のビジネスモデルに将来性を感じないのが根本的な原因であることを自覚すべきです。安定を求める人は大企業に就職します。

本当に将来性がある会社なら、絶対に優秀な人材が現れます。

 

また、今行なっているビジネスが将来有望でなくても、社長に魅力があれば優秀な人が協力してくれます。

要するに「ベンチャーだから優秀な人が来ない」と述べている経営者は、自分に魅力がなくて会社のビジネスモデル自体も未来がないことを公言しているようなものなのですね。

投資家の立場で考えると、「優秀な人材が集っているベンチャー」は将来性がかなり高いので成長株投資を実行すべきです。

優秀な人材がベンチャー企業に集まるのは、必ず理由があります。

その理由を突き止め、ビジネスモデルが優秀だったら長期投資を実行して将来の発展を待つべきです。

 

補足

ベンチャー企業でも「強大なメディア」を築いていれば優秀な人材は集まります。

自社サイトでも何でも良いのですが、自社で大きなメディアを保持していれば多くの人から注目されているのと同じなので、優秀な人材を募集することが可能です。


スポンサードリンク