無駄なことにお金を使う経営者は無能

LINEで送る
Pocket

役に立たないことにお金を使う経営者は間違いなく無能です。


私は様々なベンチャー企業の社長とお話させていただいたことがありますが、多くのベンチャー企業の社長は野心に溢れています。

お金を儲けることを重視しており、会社を立ち上げてお金を稼ごうとする意欲が高い人ばかりです。私はそういう人が大好きで、野心溢れる経営者は非常に素晴らしいと思っています。

ただ、「私欲」を満たすために会社のお金を使う経営者は論外です。

お金を稼ごうとする経営者は自分の「私利私欲」を重視している場合が多いです。別にそれは良いのですが、会社のお金を使用して私欲を満たそうとする経営者が非常に多く存在します。

例えば自社ビルを建てることを目標に掲げている経営者は「無駄なことにお金を使う経営者」に該当します。

なぜ自社ビルなのですか?

自社ビルを保有したら会社の知名度がアップし、会社の信頼度が高まるという意見も存在します。それは確かに間違っていないのですが、「自社ビルを保有したから会社を信頼する」という理論に疑問を抱かなければいけません。

大抵の会社は自社ビルを保有していないのですが、自社ビルがないからといって信頼関係が築けないことはありえないのです。

本当の信頼というものは「会社のビジネス内容」によって決まります。

お客様のニーズを満たさないビジネスを行なっていれば信頼を得られることはないですし、自社ビル保有が本当の信頼に直結するわけではありません。

「自社ビルを持っていると信用度が増すから決して無駄なお金の使い方ではない。貸賃を支払う必要もなくなるから、経営戦略として考えると上策だ」という意見もあります。

これ、本気で考えて言ってますか?

ビルを借りて会社を経営すれば毎月の貸賃は経費として計上することが可能です。賃料が経費として計上することができるので税金面で有利です。

しかし、お金を借りて自社ビルを購入すると自社資産が増えます。

自社資産が増えると帳簿上黒字幅が広がるため、税金の支払額が多くなってしまうのです。経常利益にそのまま税金がかかる事実を理解した上で、自社ビル購入を検討しているのでしょうか。

しかも不動産には固定資産税がかかります。

土地を購入したら固定資産税を支払う必要がありますし、「赤字になっても払わなければいけない税金が発生する」のは経営上大きなデメリットになります。

自社ビルを購入すると家賃を支払わないで良い分、利益額が増えるので税金が増えるという仕組みになっているのですね。借金の返済額と税金を合わせると、「自社ビルを購入するより貸賃を貫いた方がコスト削減に効果的」な場合が多いのです。

自社ビルを購入したいと望んでいる経営者は「自社の事業が衰退するリスク」を考えていないのでしょうか。人生は上手く進むとは限りません。

むしろ、自社ビルを買ったり高級車を買ったりして無駄なお金を使用している経営者は、大抵の場合最終的に自滅しています。

大体お金を借りて自社ビルを購入している時点で相当ダサいと思います。

それは自社のお金を使用して自社ビルを購入したのではなく、「銀行のお金を借りて自社ビルを購入した」のです。つまり、借金を完済しない限り自社ビルは自分のものにならないのです。

更に言えば中小企業やベンチャー企業は銀行の融資枠が限られているため、自社ビル購入という非常に無駄な行為を実行するために融資枠を使用するのは経営上大きなリスクになります。

これから先も経営が上手くいく確信があれば別ですが、ビジネスはそんなに甘くないですって! 長い間経営を続けている企業を分析すれば分かりますが、ほぼ大半の企業が1度危機に陥っています。

赤字を出したり、大きな損失が発生したり、順風満帆な状態を維持するのは非常に難しいのです。

それに自社ビルを購入すると「移転するのが難しい」というデメリットが発生します。

例えば売上高が低下し、規模を縮小したいと思っても自社ビルを保有していると「身分不相応な自社ビル」にこだわらないといけないわけです。

強行手段として自社ビルを売却し、会社を移転する方法も存在しますが自社ビルを売却した時点で「会社の信頼度が薄れる」ことになります。しかも自社ビルを安く買い叩かれるリスクも発生します。

そうなると事業が衰退したときに、更に自分の首を締める結果に繋がりませんか?

それともう1つ、適正な利益を出したければコスト削減が重要になります。

「自社ビルを買うぞ!」と豪語している経営者のコスト削減意識が高いとは思えません。仮にコスト削減意識が高いとしても、普段自社ビル購入に意欲を燃やす経営者が自分の社員に対して「もっと経費を削減しろ!」と言っても白い目で見られるだけです。

「何だこいつ、自社ビルは購入したがっているくせに、経費を削減しろとか矛盾していないか?」と思うわけです。

高級車に乗ったり、自社ビルを購入したりするのは対外信用度が増加する可能性が高いです。

しかし、「対内信用度」は本当に上昇するのでしょうか?

自社ビルを構えて社員のモチベーションは本当に上がるのでしょうか?

自社ビルを建てて社員のモチベーションを上げようとするくらいなら、成果に応じてたくさん給料を払った方が間違いなく社員のやる気は向上します。

大体、「自社ビルを持っているから凄い会社」と断定すること自体が間違いです。

本当に凄い会社は黒字経営を続けている企業です。自社ビルを持っていても赤字を出している会社は明らかに「ダメ会社」になるため、自社ビルはどうでも良いのです。

無駄なことにお金を使わないのが優秀な経営者です!

ビジネスなんていつ衰退するか分からないのですから、無駄なお金を使う前に資金を貯めるのが賢明になります。キャッシュが潤沢であれば事業が一時的に不調に陥っても持ち直すことが可能になりますが、無駄なことにお金を使う経営者は大抵そのまま自滅します。

無駄なことにお金を使いたがる経営者は「見栄」を重視していることがほとんどです。

自社ビル購入が許されるのは一部の大企業だけです。

見栄なんてどうでも良いのです。合理性を重視してお金を使う経営者が本当に優秀な経営者であることに、我々投資家は気づかなければいけません。


スポンサードリンク