作業員満足度は向上すべき!

LINEで送る
Pocket

顧客満足度を重視している会社は数多く存在しますが、作業員満足度を高めることを意識している会社は少数派です。

これから伸びる会社は「作業員満足度」の向上を図っている会社です。


作業員や正社員の満足度が高まれば愛社精神を抱いて貰うことができ、離職率を減らすことができるので大変効果的です。

離職率の高い会社は作業員満足度が低いと思ってください。

社員が辞めまくり、不満を抱えている正社員が多い会社は作業員満足度が低いので成長性を期待できるか微妙です。中には「離職上等!」と半ば開き直って経営を続けている会社も存在しますが、理想は作業員満足度を高める経営を行なうことです。

作業員満足度が低くても業績を伸ばしている会社は確かに存在します。

しかし、持続的成長を期待したければ「作業員の満足度を高め、社員がやりがいを持って仕事に取り組んでいただく」ことを意識しなければいけません。

特に高付加価値商品をウリにしている会社は尚更です。

社員のスキルアップやレベルアップを図りたければ、離職率を下げるのが重要になります。

いくら社員の教育に力を入れても「辞められてしまうと元も子もない」のです。社員が辞めることを前提に人材を募集している会社を多々見かけますが、こういう会社は教育効率が悪いことを意識しなければいけません。

会社が多額の利益を上げたければ「高付加価値商品を販売すること」を重視する必要があるのです。特に専門スキルをウリにしている会社は人材の質を高め、お客様に価値の高いサービスを提供して利益を得るのが重要です。

「社員がすぐに辞めても問題ない。学歴不問、経験不問で募集すれば人は集まる」と考えている会社に投資するのは考え直した方が良いです。学歴不問・経験不問は問題ないのですが、専門スキルがない状態で付加価値の高いサービスを提供するのは難しいからです。

学歴不問・経験不問で「1から人材を育てる」ことを意識している会社は良いです。

しかし、「1から育てる方針を貫いているのに、離職率が高い」のは教育効率が非常に悪い証明になるので、効率が悪い経営を行なっていると分析することができます。

作業員満足度を高めれば離職率を減らせるので長期スパンを見据えた人材教育を行なうことが可能になります。長期的に作業員を教育するシステムを築けば、「スキルが高い人財」を自社で抱えることができるのです。

長い目で見たらスキルの高い人材に活躍して貰うのが1番です。

離職率が激しく、未経験者がすぐに活躍できるビジネスを行なっている会社は、「専門知識が不要だから他社が参入しやすい弱点」を抱えていることを意識しなければいけません。

未経験者でもできる作業で差別化戦略を実施できるのか疑問を抱いた方が良いのです。

また、作業員満足度が向上すれば「社員もやりがいを持って仕事に取り組んでくれる」ため、社内の活気が良くなります。自ら率先して新規提案を行なう風土も身につくので、新たなビジネスモデルを生み出すこともできるのです。

以上の点を理解した上で、「作業員満足度を高めている会社」に投資することをお勧めいたします。

高給を払って作業員満足度を高めている会社も存在すれば、やりがいや人間関係の良さをウリにして作業員満足度を向上させている会社もあるのです。

方法は何でも構いません。

長期投資を行なって儲けたければ、「持続的成長が期待できる会社の株を買う」のが重要になります。持続的成長の根源に位置しているのは「人材の質」です。

作業員満足度を高め、離職率を減らし、人材教育に力を入れている会社は高付加価値を生み出せる社員を抱えやすいので持続的成長を遂げることができるのです。

長期投資で儲けたければ「作業員満足度を高める施策」を打っている会社の株に注目してください。


スポンサードリンク