成長・拡大を実現するM&A戦略【ソフトバンク】

LINEで送る
Pocket

独自技術や固有技術が優れた会社に投資するのも良いのですが、成長株を狙いたければM&Aを通じて積極的に事業を拡大している会社を狙うのが良いと思っています。

 

ここは誤解のないように申し上げますが、私はM&A信者ではありません。

 

いくらM&Aを実行して意味のない会社を買収しても後々ただの負担にしかならないのであれば意味がないですし、経営状態が危険な会社を買収して自社の経営状態が悪化するというのはプラス要素にはなりません。

 

ただ、本当に優秀な人間は効果的なM&Aを通じて事業を拡大するという法則があります。

 

例えばソフトバンク(9984)


jp.wsj.com

ソフトバンクはM&Aで成り上がりを果たした典型的な成長企業であり、数多くのM&Aを成功させて大企業をつくり上げることができました。

 

これは孫さんのM&A能力がずば抜けて高かったから成し遂げられた結果になるのですが、よくよく考えたらM&A能力に優れているのはとても貴重な才能を持っているのと同じです。

 

孫さんは、携帯電話世界最大手の英ボーダフォンの日本法人を買収したことで話題をさらいました。

 

約1兆8000億円を投じて株式のほぼ全てを買い取ったソフトバンクはボーダフォンの買収を通じて携帯電話事業を始めたのですが、結果的に大成長を遂げるのに重大な役割を果たしてくれたのです。

 

また、ソフトバンクは近年、フィンランドのスーパーセルという会社を買収しました。ソフトバンクはガンホーとスーパーセルの両方を活用してモバイルゲームで世界一を目指す戦略を打ち立てており、「様々な事業を通じて売上高を拡大している」という事実に注目しなければいけません。

 

さて、ここで1つ注目して欲しいのですが、結局ソフトバンクの強みは何なのでしょうか?

 

普通の会社は自社特有の強みや技術を発揮して利益額を高めるのが王道になりますが、資本を活かして経営拡大を成し遂げるという道も存在するのです。固有技術を発揮している企業を買収したり、新事業に進出するために既存企業を買収したりするのは成長戦略を成し遂げる上で得策だと言えます。

 

ソフトバンクが日本を代表する大企業まで成長することができたのは「M&Aを上手く活用して新ビジネスをどんどん展開していったから」でしょう。これは非常にリスクが高い戦略になりますが、拡大を望みたければ現状に甘んじてはいけません。

 

ソフトバンクは自分たちが1から物を生み出す方向を選択しているのではなく、M&Aを通じて事業を拡大するという戦略を取ったからここまで大きな躍進を遂げることができたのです。

 

現代では効果的なM&A戦略が未来の希望を握ると読んでいます。

 

さて、最近話題になっているプロスペクト(3528)ですが、私は何度もカーティスの投資能力に期待していると述べてきました。

 

プロスペクトはソフトバンクと同じ方向の戦略を取っていると分析しています。要するに既存企業を買収して新ビジネスを始める戦略を取っているのです。

 

機動建設工業は地下工事の技術力に優れている会社で、たった4億5000万円で推進工法の施工実績で国内トップシェアを維持している会社を買収したのが凄いと思うのです。

 

ソース http://www.co-ad.jp/manews/20140320-2.html

更にプロスペクトはササキハウスを子会社化した事実も存在しており、プロスペクトはとても投資能力の高い会社として評価することができます。

アセットマネジメント事業で利益を得ているのも注目点ですが、「優秀な企業を積極的に買収するカーティスの投資手腕」を私は評価しているのです。

 

ソフトバンクの孫さんは将来性豊かなベンチャー企業に投資して多くの利益を生み出してきました。近年ではアリババなどが良い例になりますが、プロスペクトも負けてはいないと思っています。

 

規模ではソフトバンクに対して完全に負けていますが、カーティスのように効果的なM&Aを実施し、投資業務で素晴らしい成果を残すことのできる人間は本当に貴重なんです。

 

M&A能力というものは今の時代、決して無視することはできません。

 

事業の拡大を成し遂げたければM&Aを駆使して新ビジネスを展開し、多角的に利益額を伸ばすのが理に適っているのですから、

 

これがM&A能力が低かったら別ですよ。買収する必要のない会社を買収して赤字を垂れ流したり、無駄に高額なお金を払って会社を買収したりするのは問題があります。ただ、ソフトバンクとプロスペクトに共通しているのは「社長の投資能力が優れている」という事実です。

 

自社に独自技術が存在しないのであれば、独自技術を保有している企業を買収して売上高を増加すれば良い。これが今の時代の経営術になります。

 

だからこそ、私は投資スキルが本当に重要だと思うのです。本物の成長株投資を行いたければ「M&Aを上手く活用して利益を高める戦略を実践している会社」を狙うのがお勧めです。


スポンサードリンク