情報発信という最強のビジネスに注目!

LINEで送る
Pocket

今の時代に適している最強ビジネスは「情報発信」です。

今後伸びるのは「多くの人が役立つ情報を発信している会社」だと断言して間違いはないでしょう。情報発信そのものが最強のスキルであり、絶対に絶えないニーズであることは明白だからです。

特にネット上で情報発信するのはとても有効です。


新聞発行や専門本の販売も情報発信ビジネスに該当しますが、残念ながらこれらのビジネスは物凄くお金がかかるのです。

新聞の発行代や専門本の印刷費など、それなりの資金力がないと成功できないのが難点です。しかも本を売りたければ「知名度」が必要になるため、広告宣伝費に力を入れる必要があります。

こういうビジネスは情報発信ビジネスであるのは確かですが、赤字になる危険性も秘められている事実は拒めません。

では、ネットで情報を発信するビジネスはどうでしょうか?

ドメイン代やサーバー代は大してかかりません。本気で多くの人が役立つ情報を提供し続ければ広告費収入で黒字を出すのはとても簡単です。しかもサイト運営ビジネスは「情報が消えない」という特徴があるのです。

私も情報発信を行なってビジネスをしていますが、私が書いた記事はサイトが存在している限り永久に残り続けます。その記事が多くの人に役立ち、ニーズが絶えない不変情報だったらどうなるでしょうか?

ずっと多くの人の役に立つことができます。

営業利益

上記の記事は不変情報を取り扱っています。50年後も100年後も「営業利益」という単語の意味が変化することはありません。つまり、不変情報を取り扱って利益を得ている会社は「利益を生み出すビジネスモデルを築いている」ということになるため、長期投資に向いているのです。

クックパッド(2193)という会社はとても分かりやすいです。

クックパッドは「クックパッド」というレシピサイトを運営している会社ですが、注目したいのが「料理のレシピ」という不変情報を取り扱っている点です。

料理のレシピの情報量に優れているのも長所ですが、料理レシピは50年経っても変わることがない不変情報です。この不変情報をメインに情報発信していれば、30年後も100年後も多くの人の役に立てるので、それ相応の利益を生み出すことが可能になります。

ネットで情報を発信してビジネスを展開している会社は「低資本で高利益を生み出すことができる」ため、投資先として非常に魅力的なことに気づくと思います。

資本が必要となる出版形態で情報発信するのはお勧めできません。

投資先としても微妙です。

先ほど例に上げたクックパッドですが、クックパッドは150万以上のレシピ情報を記載しています。

もし、これが出版物だったらどうでしょうか? 150万以上のレシピを載せた本はとても分厚くて読めたものではありません。1冊発行するときにかかるコストも莫大なものになるため、いくら情報量に優れていても「発行コストがかかる」のは最大の弱点になります。

しかし、サイトそのものを保有して情報発信をしていれば有益な情報をずっと残すことができます。すぐに検索することが可能という利点もあるので、ユーザーの立場から考えても有益であることに気づきます。

今後伸びるのは「有益な情報を発信し続ける会社」です。特にインターネットを利用して低コストで優れた情報を発信している会社は必ず伸びます。

補足すると、情報発信ビジネスは成功障壁が高いです。

特に専門分野の情報発信は「差別化しやすい」という特徴がありますが、有益な情報を発信し続けるのはかなり難しいと思ってください。しかし、難しいから差別化を成し遂げるのが簡単なのです。

インターネットを活用した情報発信ビジネスは、「差別化に成功する」という企業の成長法則を簡単にクリアすることができるのです。

私は今後、上場している全ての日本企業のビジネスモデルを独自分析して情報発信を行ない、多くの投資家の役に立つという方針を定めました。こんなことを無料で取り組んでいる人は日本に10人も存在しないでしょう。

4000以上ある上場企業を全て分析するだけで相当の労力が必要になるのは誰でも予測できると思います。しかも分析するだけではなく、「文章という形で無料発信して多くの人に役立つ」という活動も続けます。

こんな暇なことを1人で継続しているのは恐らく私だけではないでしょうか……。

「誰もやっていないことをやる」というのが最大の差別化です。潰えないニーズがある業界で差別化戦略に成功していれば会社は絶対に大きくなります。

今後成長する会社に投資したければ情報発信スキルに長けている企業に注目してみましょう。

・不変情報を取り扱っている

・インターネットサイトを運営している

・ニーズが存在し続けている分野にチャレンジしている

・情報発信ビジネスで差別化に成功している

・役立つ情報を発信し続けている

上記の条件を全て満たしていれば将来有望です。長期投資して大きな売却益を狙うことも可能になります。


スポンサードリンク