相手の利益を重視するのがビジネスのマナー

LINEで送る
Pocket

ビジネスで重要になるのは「相手の利益を重視すること」です。


会社は利益を上げなければいけない存在です。

そのため、お客様の利益や取引先の利益よりも「自分の利益」を優先することが多いのですが、これは本質的に間違っています。自分の利益を第一優先にするのではなく、お客様の利益を1番に優先するのが重要になるのです。

ビジネスは人気獲得勝負と同じなので、お客様から好かれないと会社を発展させることはできません。

お客様に好かれたければ「お客様にとって利のある行動を起こすこと」が重要になります。

自社商品を販売するのも「お客様の役に立つ、お客様のニーズを満たす」という目的があるからです。「人様の役に立つ」というのがビジネスの本質であり、この本質を満たさないまま自分の利益を追求しても絶対にビジネスは成功しません。

1番に優先しなければいけないのは「お客様の利益」です。

この本質を意識しないと、自分の利益だけを求めて行動する残念なビジネスを実践してしまいます。

自分の利益だけを考えて行動しても協力者を募ることはできません。

取引先に対しても同様です。取引先の利益を考えた上で「自分も利益を得る提案」を出すのが重要になりますが、「自分だけ利益を得る提案」を述べても十中八九相手にされません。

むしろその会社の評判が下がります。

私の場合、他者の利益を考えない提案をされた場合「自分本位の経営を実践しているのだろうな」と判断します。

自分本位で考える人間と付き合っても良いことはないので、くだらない提案は最初から断るべきなんです。

そんな会社と関わってもお互いの発展を期待するのは難しくなります。

大きなビジネスモデルを築きたければ「多くの人が得をする仕組み」を作らなければいけません。例えばリブセンスはアルバイト情報サイトを運営して利益を上げていますが、これは「アルバイトを探している利用者」が得をする仕組みを築いているから多くの人が利用するのです。

アルバイトが決まった人に対して報奨金を支払っているリブセンスは、「利用者にとってありがたいビジネス」を行なっています。だからリブセンスは東証1部上場を成し遂げるまで発展しました。

様々な会社を分析していると分かるのですが、長く生き残っている会社ほど「他者の利益」を重視しています。特にお客様に利益を与えることに力を注いでおり、自社の利益は二の次だと考えている会社が多いのです。

自分の利益を重視する気持ちは分かるんです。

自分の利益を重視するのは良いのですが、「優先」してはいけません。絶対に優先すべきなのはお客様の利益であり、お客様に価値を与えたから報酬が後からついてくると考えるのがお勧めです。

そのため、株式投資で儲けたければ「お客様の利益を優先している会社」に投資してください。

何度も言いますが、お客様の利益が最優先なんです。これは綺麗事でも何でもなく、お客様から愛されないとビジネスを継続するのは難しくなるので、お客様から好かれるために「お客様が望むサービスを提供する」ことが重要になるのです。

お客様が望まない商品を押し売りしても長い目で見たら悪い結果しか引き寄せません。

持続的に発展したければ「お客様本位」の経営を実践している会社に投資し、長い間利益を受け取り続けるべきです。


スポンサードリンク