サイトを活用したネットマーケティングは難易度が高い

LINEで送る
Pocket

私が重視しているの「ネットを活用したマーケティング」であり、中小企業であってもサイトを上手に活かしたネットマーケティングを行なっている会社は非常に将来性があると思っています。

しかし! 現状を見るとサイトによる集客は上手くいかないパターンが多いです。

この図をご覧ください。


引用URL http://www.garbagenews.net/archives/1104114.html

これは市場会社が2009年に全世界のブログの平均PV数(ページの記事が読まれた回数)を調査したもので、90%以上のブログが月に5万PVもいっていないのですね。

この調査には「会社運営のブログ」も含まれています。

月に5万PVいかないのは相当厳しい数字であり、ネットマーケティングに成功しているとは言えません。

現実を見ると「世の中のブログ運営者の9割以上は毎月5万PVも達成しておらず、自社サイトを通じた集客に失敗している状態」です。

私もサイトを運営しているから分かるのですが、本当に人を集めるのって難しいですよ。

実際問題、「全世界で運営されているブログの大半はPVが5万以下」というデータが出ているのですから、ブログを使って集客するのは非常に難易度が高いことが分かります。

これはサイトでも同じことが言えます。

結局のところ、ネット集客に成功している企業というものは「ネットマーケティングで成果を出している優れた会社」であり、そういう会社は極一部なのですね。

例えばLIGという会社は毎月200万PVを獲得する超ビッグな自社サイトを保有していますが、LIGは上場していないベンチャー企業です。

上場しているしていないに関係なく、「面白いコンテンツ」を発信し続けているサイトがウケるのであり、沢山の人が評価する面白いサイトは多くのPVを集めることができるのです。

「ブログやサイトを利用したマーケティング戦略」は、弱者に残された希望であり、資本力が脆弱な会社ほどサイト運営やブログ運営に特化した方が良いという事実に気づきます。

しかし、先程も申し上げた通り「ネットで集客したりファンを増やしたりするのは物凄く難易度が高い」ので、多くの企業はPVやユーザーがろくに集まらないホームページを作ってしまうのですね。

高いお金を払ってwebコンサルティング会社に依頼しても意味がないパターンが大半です。

webコンサルティング会社というのは良いことを言ってくれることが多いのですが、大抵は「ググったら出てくる情報」ばかり教えてくれるので、お金を払う価値がないことがほとんどだと感じます。

実際に月100万PVを越している自社サイトを運営した実績があり、実績論でコンサルティングできる会社は価値が高いと思いますが、「ネットで集められる情報やググったら出てくる情報」でコンサルティングして貰ってもお金を払う価値はないんですね。

サイトを活用して集客数を増やしたければ「実践データ」が1番大切になります。

ネットには嘘の情報や役に立たない情報も多く転がっているため、「自分が生み出した情報」が1番信頼できるのです。

webコンサルティング会社にコンサルティング業務を依頼すればサイト運営で成功するというわけではありません。

「9割のブログは月5万PVも集められない」という真実を受け止める必要があるのです。

 

さて、「ネットで集客するのは厳しい」という現実論を展開している私ですが、「ネットで集客するのは意味がない」と述べたいわけではありません。

 

先程も解説した通り、サイトという毎月の運営費が安価な媒体を活用して人を集めるのは「資本弱者に残された最後の戦略」になります。CMを展開したり大規模広告を打ち出したりするのは強者が行なう戦略で、お金がなければお金を使わない方法で集客するしかないのです。

企業ホームページでお客様を集める方法は案外単純で、確実に効果が出る策は2つしかないのですね。

1つは面白い情報を発信すること。

例えば『面白法人カヤック』という会社は物凄く知名度に長けた非上場のIT会社ですが、この会社は面白い情報を発信する能力に長けています。

 

サイコロ給を導入したり、社員の面白紹介コンテンツなどを公開したりしている面白法人カヤックは「多くの人を魅了する情報発信」を心がけているのです。

面白法人カヤックのように「面白さ」に特化した情報を発信している会社は、ネット上で話題を集めることが可能です。ほとんどの会社はそれができていないからPVが集められないのであって、逆に言えば「面白ければお金がなくてもPVを集めることはできる」のですね。

企業が面白サイトを作る方法は難易度が高いという人もいらっしゃるでしょう。

最後の手段は「役に立つ情報を提供すること」です。

結局のところ、この2つのどちらかを実践しなければ「サイトを活用したネットマーケティング」に成功することはできません。

不動産会社だったら不動産の詳細情報を記載したサイトを作れば良いですし、webコンサルティング会社だったら「サイトにアクセスを集めるための手法」を細かく説明して情報を公開すれば良いのです。

「いやいや、商売ネタである情報を無料で公開したらビジネスにならないだろ」という意見もあると思いますが、そもそも大多数の企業は知名度がないので「知名度を高めて多くの人の信頼を獲得するためにwebサイトを使う」という戦略を実施する必要があるのです。

信頼できる情報、役に立つ情報を発信し続ければ月5万PVを超えるサイトを運営することは可能です。

更に言えば役に立つ情報を発信している会社は「お客様の信頼を得やすい」ので、自社サイトから受注を獲得することも可能になります。

サイト運営、ブログ運営でマーケティング成果を出すのは確かに難しいのですが、1度注目されるサイトを作ってしまえば「集客力」という面で大きなアドバンテージを得ることができるので、サイト集客戦略を意識している会社の株は成長株投資に向いているのです。

 


スポンサードリンク