「できない仕事をやる」のが成功するビジネス

LINEで送る
Pocket

成功するビジネスを見抜く方法はとても簡単で、「誰もができない仕事をやる」のがビジネス成功のポイントになります。

こういうことを言うと、「じゃあ外食業界はどうなんだ? 外食店舗を運営している会社はフランチャイズ店を出して誰もができるビジネスを行なっているが、見事に成功を収めているぞ」という意見をいただくのですが、こういう会社は差別化戦略に成功していないので投資先として考えると微妙です。

画期的なビジネスモデルを編み出しても「誰もができる仕事」だと差別化を達成するのが難しくなります。

100円寿司の衰退を見てください!


元々高級品だった寿司を100円均一価格で食べられるようにしたのが、カッパ・クリエイトホールディングス (7421)です。革新的なビジネスモデルを生み出したカッパ・クリエイトホールディングスですが、現在は赤字に苦しんでいます。

なぜカッパ・クリエイトホールディングスは衰退したのでしょうか?

理由は単純です。100円で寿司を販売するという経営スタイルは「他社も容易に真似することができるビジネスモデル」だったからです。

ビジネスの参入障壁が低いから次々と競合店が進出し、100円寿司という差別化戦略が崩壊したのが衰退理由になります。

いくら新しいビジネスモデルを掲げて事業参入を果たしても、「参入障壁が低い」と勝ち続けることはできません。誰もができる簡単なビジネスは参入障壁が低いので、差別化戦略を維持するのは不可能です。

では、「できない仕事をやるビジネス」はどうでしょうか?

私は株式投資.jpを運営していますが、正直なことを言うと株分析はプロであれば誰でもできます。株式評論家やアナリストであれば株を分析するのは朝飯前です。一般人からすれば株分析は難易度が高いのですが、プロからすれば大したことはありません。

ただ株を分析しているだけだと差別化戦略を成し遂げることはできないのです。

しかし、「株を分析した結果を初心者でも分かりやすく情報発信する」という能力を発揮したらどうなるでしょうか?

現在、「株式投資は難しい」という誤解が世間に浸透していますが、株式投資の本や株式投資関連のサイトが難解だから「株式投資=難しい」というイメージが定着しているのです。

つまり、株式投資の仕組みや、株の分析結果を簡単に解説するのは「難しい仕事」に該当します。

私は株の分析結果を誰もが分かりやすい形で情報発信しています。

これが明確な差別化戦略であり、「できない仕事をやっている」から多くの人々にサイトを閲覧して頂くことが可能になります。

成長株に投資したければ、「できない仕事をやっている会社」に注目してください。

こう言うと「バイオ関連銘柄が狙い目か?」と勘違いする人が増えると思いますが、いくら斬新なビジネスでも株価が割高だとダメです。これが株式投資の面白いところで、新ビジネスを実施していても株価が高いと株式投資で儲けるのは難しくなります。

「割安で、他の企業ができない仕事をやっている会社」に投資するのが1番良いのです。

ロボット開発ベンチャー企業であるサイバーダインの上場が注目されていますが、サイバーダインは「できない仕事をやっている会社」です。

介護用ロボットスーツを開発しているサイバーダインは差別化戦略を達成している注目株です。「できない仕事をやる」というビジネスの成功原則を守っているサイバーダインは、注目されて当然の存在だと思います。

しかし、私はサイバーダインの投資を推奨しません。

サイバーダインは赤字決算が続いており、数字で結果を残していないのです。注目度も高いことから株価も割高になる可能性が高く、「投資先として適している株ではない」と予測しました。

超長期投資を実行するなら別ですが、「よく分からないけど、凄そう!」という理由でサイバーダイン株を買うのは止めた方が良いです。

「できない仕事をやる」のは成功するビジネスの本質になりますが、できない仕事をやっている会社でも割高株を買ってしまうと株式投資で負けます。

その辺りの見極めが非常に難しいので、株式投資で勝ち続けたければ「成功するビジネスの本質と、株価の割安性」を見抜く能力を鍛えなければいけないのです。


スポンサードリンク