提案型営業は顧客満足度を高めるために効果的

LINEで送る
Pocket

現代ビジネスで重要となるのは提案型営業です。


提案型営業とは、お客様のニーズを満たす営業手法のことを差します。

無理やり商品を売ろうとしたり、お客様のニーズを理解しないで自社商品のメリットだけを述べたりする商品の売り方は論外です。これは押し売りと言われており、無理やり商品を売っても持続的発展を成し遂げるのは難しくなります。

提案型営業の最大の利点はお客様の満足度を高めることができ、リピーター率が増加するということです。

ビジネスの世界で持続的発展を成し遂げたければ「リピーター」の確保が重要になります。

ビジネスは人気獲得勝負になるため、多くのリピーターを確保して収入を増やすのがビジネスで成功を収める絶対原則です。

普通に考えてほしいのですが無理やり商品を売ろうとする営業マンと、お客様の要望を理解しつつ最適な商品を紹介する営業マン、どちらに好感を抱きますか?

大抵の人は「前者の営業マンに好感を抱く」と考えます。

それは当たり前です。なぜなら、お客様は「現在の悩みを解決するために商品を買う」ことが多いからです。

お客様によってニーズは異なります。

例えば肌荒れに悩むお客様に対して肌荒れに効果的な化粧水を紹介するのは良策ですが、「肌荒れに効果がない化粧水」を売っても意味はありません。

「肌荒れに効果がない化粧水」の方が利益率が高くても、お客様の要望を満たさない商品を販売するのは絶対に行なってはいけないのです。

なぜなら、商品を使用した後にお客様が失望感を抱くからです。

「なにこの商品! ちっとも効かないじゃない!?」とお客様に思われたら、会社の負けです。お客様は商品を紹介した会社に対して不信感を抱きます。

お客様のニーズを満たさない商品を販売してもお客様から見放されてしまうので、「お客様のニーズを理解しないで商品を売りつけるのは論外な行為」であることを理解しなければいけません。

無理やり商品を売り続けていると会社の評判が下がり、ブランド力が低下します。

評判が悪くなるとリピーターを確保することも難しくなるため、「提案型営業を通じてお客様の要望を理解し、最適な商品を販売するのが1番良い」のです。

恋愛でも同じことが言えます。

例えば女性を口説くとき、女性の気持ちを理解しないでゴリ押し戦略を決行しても上手くいくことはあまりありません。「お前が好きだから付き合いたいんだ!」とゴリゴリに押しても、押しに弱い女性としか付き合えないのです。

しかし、提案型営業の基本である「相手の気持ちを理解する」という基礎能力を発揮すれば、意中の異性と付き合う可能性を飛躍的に高めることができます。

相手が嫌がっているのに何度も告白しても意味はないのです。

告白すればするほど成功率が高まるという言葉が存在しますが、相手の満足度も考慮しなくてはいけません。営業成績を高めたければ何度も同じお客様の家に訪問するのが有効になりますが、理想を言えば「お客様の望む商品を売る」のが1番になるのです。

恋人は肉が嫌いなのに、「自分が肉が好き」という理由で焼肉屋に連れて行っても恋人の満足度を高めることはできません。

異性を口説くときと提案型営業を実施する基本は酷似しており、「相手の要望を理解する」ことから全てが始まるのです。

お客様の要望を把握し、お客様のニーズを満たす商品を売るのが提案型営業の基本です。恋愛も同じで、相手の要望を理解し、相手が喜ぶ行為を分析して実行に移せば大抵上手くいきます。

要するに「相手の気持ちに立って考える」のが提案型営業で重要になるのです。

しかし、多くの営業マンはノルマを課せられているため、お客様本位の営業ではなく「自分本位の営業」を行なうことが多いです。(例、ノルマを達成するために無理やり商品を売ろうとする行為など)

こういう会社に投資するのはお勧めできません。持続的発展を期待したければ「提案型営業」に力を入れている会社の株を買うべきです。

もっと良いのは「会社のファンを作る戦略」を実施している会社の株を買うことです。

自社商品の質が物凄く高かったり、有益な情報を発信し続けていたりすると勝手にファンは増えていきます。ファンが増えれば増えるほど会社の知名度が高まり、「営業社員がいなくても利益を出すビジネスモデル」を築くことが可能になります。

提案型営業を実行すると「顧客満足度」を大きく高めることができるので、会社の評判がアップし、ファンを多く獲得することができます。

目先の利益にこだわらず、長期的発展を成し遂げたければゴリ押し営業から手を引いて提案型営業を実施するのが1番良いのです。


スポンサードリンク